2016.11.12Writer:yoshinaka

年内最後の

こんばんは、義仲です。

本日は、大阪府では年内最後の開催となりました本当に良い家づくりセミナーが守口市にて開催されました。初めてご参加の方、リピート参加の方、お集まり頂きありがとうございました。

今回も勿論、講師は住医学研究会 澤田顧問です。

img_0048

本当に良い家とは?良い家ってどんな家?日本の家づくりの現状と合わせて熱く語って頂きました。澤田顧問ありがとうございました。

ご参加頂きました皆様、良い家について考えて頂いた数時間いかがだったでしょうか?有意義な時間となったのではないでしょうか。良い家、長持ちする家にはそう呼ばれる理由があります。今回聴いて学んだ事を無駄にする事無く納得の行く、ご計画を進めて行って頂ければと思います。本日はありがとうございました。

 

 

 

 

 

2016.11.09Writer:yoshinaka

引き戸

こんにちは、義仲です。

引き戸について考えた事はあるでしょうか?引き戸とは溝やレール上を滑らせて開閉する戸です。最近ではバリアフリーの考え方や開け放しておけば解放的な空間が作れる事から採用率は高いです。

p1090108

 

戸の種類にもよりますが、開き戸と比べ断熱性や遮音性が劣る場合がある事を知っていましたか?便利さの裏に隠されているデメリットも知っておきたいですね。ここの部屋の扉は、、、部屋と部屋の仕切りは、、、メリットを最大限に生かせる選択が出来れば最高です。

家本体の性能が様々であるように、扉の性能も様々です。長所と短所を知る事をきっかけに、ちょっとした事ですが勉強してみてはいかがでしょうか。

 

2016.11.07Writer:yoshinaka

無垢材を使用する訳

こんばんは、義仲です。

私達が無垢材にこだわり、使用するには訳があります。

p1100574

 

10年後、20年後も無垢材でないと強度が保てる保証が無いからです。集成材という貼り合せの木では、日本で長い年月強度を保つには難があります。貼り合せるという事は接着材を使用するという事です。多湿である日本で接着材で貼り合せた木材が強度を保つでしょうか?

集成材が無垢材に比べて強度が優れていて品質が安定しているのは、家を建てる前の事であったり、家を建てて短い年数までの事です。正倉院や法隆寺の様に長い年月、建ち続けている建物には無垢材が使われています。家は永く住むものとお考えの方には見えない部分にも無垢材を使用した家に住んで頂きたいです。

 

2016.11.05Writer:yoshinaka

内装漆喰工事

こんばんは。義仲です。枚方市K様邸、内装漆喰工事順調に仕上がって来ております。

p1100560

綺麗に仕上げる為には、まずは下地処理をしっかりと。左官屋さん、いつもありがとうございます。

p1100561

調湿性抜群のスペイン漆喰に囲まれた空間が出来上がるまであと少しです。良い家は調湿する家、呼吸する家です。そして安心して住める空間である事。調湿機能だけでは無く、有害物質発生の危険性の無いスペイン漆喰(モルセムダー)は本物の家づくりに欠かせません。

 

 

2016.11.03Writer:yoshinaka

N様邸 上棟式

こんばんは、義仲です。

昨日、無事に上棟を迎えました寝屋川市N様邸。本日、上棟式を執り行いました。祝上棟!N様、おめでとうございます!

p1100557

いつも手際よく骨組みを組んで行く大工さんに感心。そして感謝です。今まで基礎の状態でしたので骨組みが立ち上がり、更にマイホーム建築の実感が湧いたのでは無いでしょうか?N様ご主人様は、昨日の完成直後の現地への訪問を我慢し本日の訪問を楽しみにされておられました。感動して頂けましたでしょうか?

工程ではまだ前半なので、完成までお時間いただきますが、更に感動して頂ける様、職人さんと力を合わせて頑張らせて頂きますので、宜しくお願い致します。お天気にも恵まれ良き上棟式となりました。N様との出会いに感謝。本日もありがとうございました。

p1100558

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved