2017.05.31Writer:yoshinaka

生まれ変わる

こんにちは、義仲です。

今日で5月も終了ですね。もうすぐ梅雨入りでしょうか、建築に携わる人々にとって、あまり好ましく無い時期が訪れますが、今シーズンもしっかりと乗り切って行きます!

そして、明日6月1日より気持ちも新たに、なごみホーム生まれ変わります。今まで以上にお客様の喜びと満足につながる家づくりをご提案出来る様に成長し続けて行きたいと思います。これからも私達だからこそ出来るお客様との関係を大切にし、家づくりに携わって参りますので宜しくお願い致します。

rogo

気に入っておりました、このロゴマークはどのように変わるのでしょうか?楽しみにしておきたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。

 

2017.05.30Writer:yoshinaka

知れば知るほど

こんばんは、義仲です。

私達の推奨する『0宣言の家』は、どれだけ住まい手の事を考え、こだわり創られているのかが、知れば知るほど解ってきます。建築の計画前は、お施主様自身で学んだ事、私達が説明させていただいた事を整理し認めていただき良い家だと判断される事と思います。

そして、建築後は何と言っても体感です。快適な家だと想像し期待していた事が現実となります。現実となった喜びから何故そうなるかの原理、原則を考え直します。そして、納得。お施主様の様々なお話しをお聞きしますが、『0宣言の家』での居心地が悪いというお話しは聞いた事がありません。ほんとに嬉しい事であり、凄いと感心させられます。

家は創り上げる材料が大切であり、創り上げた環境が大事です。材料を知れば知るほど、家自身の持つ性能を知れば知るほど、『0宣言の家』の凄さが解ります。

2017.05.28Writer:yoshinaka

頼ってみましょう

こんばんは、義仲です。

既にマイホームづくりを終えられた皆様は、資金計画の大切さを良くお解りだと思います。予想していたより資金が必要であったり、個人で考えていては見えてこない部分の家づくりに必要な資金について、気付き考えて行く事が出来た事と思います。

家を建てる為の資金の計画なので、皆様それぞれで家を建てる事は可能か調べ計画されます。しかし、個人で計画を立てきるのは行き詰まりを感じたりと、かなり大変な事です。そんな時はファイナンシャルプランナーの先生に頼ってみましょう。

私達もファイナンシャルプランナーの先生にご協力いただき、個別相談を開き、皆様の家づくり計画をサポートさせていただいております。家づくりの為にとても大切であり、避けて通る事の出来ない資金計画。どんな些細な事でも結構です。計画を充実させるため相談会へ足を運んでみてください。

今まさに家づくり計画を進められておられる皆様、来月6月3日に相談会開催します。まだ、お時間に空きがあります。お問い合わせお申し込みお待ちしております。

2017.05.27Writer:yoshinaka

違いが出る

こんばんは、義仲です。

本日は藤井寺市で建築していただきましたK様邸へお邪魔させていただきました。早いもので、お引渡しから3年経過しましたが、大事にお住まいいただいているおかげで3年という年数を感じませんでした。大事にお住まいいただき感謝致します。

家は創りあげる素材が大切です。選択する素材によって家自身の持つ性能にも大きく影響を与えるからです。自然素材住宅と謳っていても実際に使用している素材の量は家1棟に使用されている量の割合はわずかであったり、

 

2017.05.25Writer:yoshinaka

ご注意を

こんばんは、義仲です。

坪単価〇〇万円。ローコストで家づくりを展開されている建築会社さんが価格帯をアピールするのに良く提示される坪単価ですが、この価格を投資することでどんな内容の家が建つのかをお客様は把握しなければなりません。安いという魅力にひかれすぎて、どんな内容の家の建築を依頼しているのか把握出来ていないなんて事はあってはなりません。お風呂やキッチンは別途費用がかかるなんて事もありえなく無い話です。えっ!キッチンは別なの!?なんて事になりませんように、、、

坪単価は決まった建物の仕様をもとに実際に建てられた建物にかかった費用を建物規模(坪)で割り出した価格となります。坪単価を参考にしないでとは言いませんが、あくまで目安として頭に入れる程度としていただければと思います。建物の仕様、規模が全く一緒となるとモデルハウスであれば実現するでしょうが、お客様の要望を取り入れ仕様を決める形で建築されている建築会社であれば、当然、お客様の要望も違うでしょうし、坪単価を設定しきるのは難しいというのが普通だと考えます。

私自身、良く聞かれる質問も坪単価の話が多いです。お話しをお聞きしていると、まだまだ表示された価格だけに引きつけられている方が多い様に感じます。求めておられる住宅が本当に適した価格帯なのか冷静に考えていただける方が増えて行けばと願っております。

 

2017.05.23Writer:yoshinaka

地縄張り

こんばんは、義仲です。

地縄張りってご存知でしょうか?地縄張りとは、縄やビニール紐などを土地に張り、建物の配置を目で確認できるようにする作業の事です。手順や日程に関しては様々で、工事が始まる前に建物の建つ位置を確認しておきたい方は早めに建築会社さんへ相談してみましょう。建築地が現在お住まいの地域からかなり遠方であったり、仕事の都合で建築の様子を見る事が困難な方は建物が建つイメージを掴んでおく為に地縄確認をしておく事をお勧め致します。

いざ張り巡らされた地縄を見た時、え?こんなに小さいの!?と感じられるかもしれません。不思議な事に平面だと、どうしても小さく感じられるものです。ですが、安心してください。基礎が出来上がり、お家の骨組みが建ち上がると今までが嘘の様に随分大きく感じられる様になりますので。ご家族で完成までの変化を楽しみながらの家づくりが出来れば楽しいですね。

 

2017.05.21Writer:yoshinaka

回遊動線

こんばんは、義仲です。

本日は堺市のS様邸の体感見学会が開催されました。動線計画がよく考えてられているS様邸は、日常生活のストレスを軽減できる素敵な間取りです。最近、家づくりの勉強を始められた参加者の方も、既に計画について検討されている参加者の方にも、とても有意義な見学をしていただけた事と思います。

IMG_0290IMG_0288

入居後、年数が経過しても綺麗な外観、お手入れをし大切にお使いいただいておりますウッドデッキを今回も拝見させていただきました。やはり、本物の材料はお家を引き立てますね。

S様、本日もありがとうございました。外構も更に素敵になりましたね。またお伺いさせていただける日を楽しみにしております。

2017.05.20Writer:yoshinaka

A様邸 基礎工事

こんばんは、義仲です。奈良県高市郡A様邸、基礎工事順調に進行しております。

マイホーム完成後、安心して住んでいただける要素の一つでありますダブル配筋。A様邸も勿論、採用しております。

P1100890P1100891構造上の安心の礎である基礎工事。一般的にはシングル配筋が多く採用される中、弊社ではダブル配筋とし、安心へのこだわりであります高耐震べた基礎を提供しております。

日中は気温が高くなる日も増えて来ました。基礎工事業者さんにとって大変な日が増えますがどうぞ無事故でお願いします。基礎工事完成に向け来週も宜しくお願いします。本日もありがとうございました。

2017.05.18Writer:yoshinaka

国が認めた〇〇

こんばんは、義仲です。国が認めた〇〇と聞くと安心しますか?このフレーズだけで安心しきってしまう人は要注意です。

私達の携わる建築にも国が認めた材料が多く存在します。しかし、その材料や商品の多くは害をもたらす可能性の高いものであふれています。建築だけに限らず家電業界なども例外ではありません。簡単に言いますと、『大手企業やメーカーが儲かればそれで良い』という各業界が動きが人々の生活を狂わしています。

住宅業界で代表的なもので、シックハウスの問題が挙げられます。この問題も国が認めた材料(建材)を使用して建物を建てているのですが、問題は減少するのではなく増加しています。粗悪な建物をつくり出し続けてしまっている結果だと私は思います。

大手企業やメーカーは、宣伝がとても上手です。私自身にとってそれは信用して良い事なのか、と考える力を身に付けて、上手な宣伝に流され過ぎない様にしたいものです。

2017.05.16Writer:yoshinaka

調査は必要?

こんにちは、義仲です。

古い家を取壊しての建替え建築をお考えの方々で、同じ土地に建てるのだから地盤調査は必要無いと思っておられる方はいらっしゃいますでしょうか?建築を計画される土地が一緒だったとしても地盤調査は必要となってくるのです。

以前の家と比較して建物の規模や配置計画が変わっている可能性もありますし、近年ではべた基礎で基礎を形成する形が多いので、数十年前の家より重くなっているという条件もあります。又、鉄くずや大量のゴミが埋まっていた。というような事例も有るようです。不安を取り除く為にも地盤調査は大切です。

過去に調査したので安全。という考えもあてにしないで下さい。土地に対してどんな規模の家をどんな配置で建てるのかを明確にし、将来の安心を得る調査を行いましょう。

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved