2017.06.30Writer:yoshinaka

スレート瓦

こんばんは、義仲です。
やっぱり屋根は瓦。という事で新しいお家に瓦を採用予定の方々、瓦は瓦でもお勧め出来ない瓦があります。その名は「スレート瓦」です。

スレート瓦とは、天然繊維と人工繊維とセメントを固めて出来た瓦です。スマートフォンぐらいの厚みです。こんな屋根見かけた事ありますか?
無題

薄い板の為、仕上がりはすっきりとシンプルな見た目になります。また、色も多彩で色鉛筆くらい豊富。形や模様も種類がいくつかあり、和風住宅にも洋風住宅にも合わせやすくバリエーション豊かです。そのせいか今日本での普及率が最も高い屋根材です。雪の関係で施工ができない地域を除いて、全国ではもはや定番となっています。定番になる程普及率が高いのに、何故選ばない方が良いのか?

私の経験上、耐久性に問題有りです。材料が新しい状態でも力のかかり具合によっては簡単に割れます。施工の確認時に屋根の上を歩いただけでも割れます。施工中の踏み割れの報告も多いようです。安心して採用し難い材料だと思いませんか?
そして、表面に塗装が施してあるのですが、塗装が剥げると何ともみすぼらしい状態になります。耐久性は落ちず、雨漏りもしないそうですが、、、いかにも雨が漏りそうなくらい劣化します。塗装が剥げる時期が近づくと、リフォームを勧められ、定期的にメンテナンス費用をかけて行くサイクルに突入します。

材料費、施工費が安く魅力的かもしれませんが、長い目でみるとメンテナンスコストがかかり過ぎる瓦です。決断前に良くご検討下さい。

2017.06.29Writer:yoshinaka

リフォームする為の外壁

こんばんは、義仲です。
梅雨、猛暑、台風など、これからの数か月は、外壁にとって特に厳しい環境が待っています。紫外線や雨水の影響を受けるリスクが高まる時期の到来です。

近年、日本で一番多いであろうサイディング貼りという外壁。サイディングの板の継ぎ目はコーキング(シーリング)というゴムで処理がされています。紫外線の影響を受けゴムが縮まり雨水が侵入します。表面に塗装を施してありバリア機能が有るなんかとも言われていますが、塗装(ペンキ)の寿命は持って5年。厳しい気候条件ですと5年も持ちません。短い年月でリフォームをする為の壁を多くの方が選択してしまっています。

私達の推奨するのはリフォームしない為の外壁です。
メッシュ施工
下地の段階から継ぎ目をつくらない塗り壁工法です。特殊なネットと壁を一体化させ継ぎ目をつくらず、雨水侵入のリスクが無く、揺れに対しても強い壁をつくって行きます。数年でリフォームが嫌だという方はご検討下さい。

2017.06.28Writer:yoshinaka

色々なシステム

こんにちは、義仲です。
2003年に建築基準法が改正され、24時間換気システムを設置する事が義務となりました。法改正後は新築住宅に換気システムが採用されていないと、建物完成時に受ける完了検査の合格がいただけない流れとなっています。

そもそも、この24時間換気システムが採用される事になったのは、住宅の高気密化がきっかけです。換気量が少ない、調湿性能が悪い、そんな家は、家の内装材から揮発するVOCをはじめとした化学物質による影響をまともに受け、シックハウス問題が急激に増加しました。そんな背景があります。

24時間換気システムは、換気量が少な過ぎるのを解消し、冷暖房費のロスを少なくする様に換気量を多くし過ぎない様に計算された、健康な暮らしと省エネの為という考えが含まれているシステムの様なのですが、VOCが揮発するような材料の使用を控え、機械に頼らず自然と調湿を行ってくれる性能を持った家を建てる方が、よっぽど健康な暮らしと省エネが実現出来る気がするのは私だけでしょうか?

様々な機械の導入を絡めたシステムが増えています。初めて聞くと、とても良い様に聞こえるシステム、これからも長く続く皆様の生活に本当に有益なものなのでしょうか?そんな見極めもしなければならない、ある意味大変な時代がやって来ています。

2017.06.26Writer:yoshinaka

外来種の蟻

こんばんは。義仲です。
先日、神戸で強い毒性を持ち、刺されると人体に影響を及ぼす「ヒアリ」という外来種の蟻が発見されました。対策の免疫が出来るまで要警戒の日々が続く事になりそうです。

外来種つながりで、「アメリカカンザイシロアリ」にも注意です。こちらの蟻は家に大きな影響を及ぼします。アメリカカンザイシロアリは、乾いた木材中の僅かな水分で生育できるシロアリです。木材や家具の輸入によって運び込まれ、近年増加傾向にあります。土の中に巣をつくるヤマトシロアリやイエシロアリと違っているのが、害を与えるのが建物の基礎に近い下部だけでなく、小屋組材まで及ぶという点です。建物全体に被害を及ぼしてしまうのです。

シロアリ対策

今までは、ヤマトシロアリやイエシロアリの対策として、図中の黄緑色の範囲を考えて来たことが多かったのですが、習性の違うアメリカカンザイシロアリの対策の為には図中の赤線の範囲も含めて考えて行かなければならない時期となっています。家に害を及ぼす外来種対策の免疫も付けて行かなければなりませんね。

2017.06.24Writer:yoshinaka

M様邸 祝上棟

こんばんは、義仲です。
本日は、岸和田市の医師が薦める本物の健康住宅、M様邸の上棟日です。蒸し蒸しと暑い中での作業でしたが、大工さん頑張ってくれました。いつも本当にありがとうございます。

P1100938

P1100934

骨組みが建ち上がり、リビングの象徴でもあるレッドシーダーの丸太柱も建てられ、いよいよ本格的にお家らしくなって来ました。ここまでやるのかとユーザーメリットを追求した医師が薦める本物の健康住宅とM様のこだわりや思いが融合され素敵なお家が完成されるのが楽しみです。

本日は暑い中、現地まで足を運んでいただきましてありがとうございました。無事に上棟日を迎える事が出来ました。M様との出会いに感謝。本日もありがとうございました。

2017.06.23Writer:yoshinaka

普通と一流

こんばんは、義仲です。

【普通の大工と一流大工の違い】という、とある記事を読みました。現代の建築に携わる普通の大工さんってどんな大工さんの事をいうのか想像出来ますでしょうか?

・資材を大事に扱っていない。
・工具整理が出来ず、掃除も出来ない。
・安全基準が守れず、いつ事故が起きてもおかしくない。
・身だしなみが不快で挨拶が出来ない。
・指摘された事しか直さず、協力的ではない。
・仕事の依頼を受けた建築会社等の家づくりの方針を理解していない。
・お施主様、近隣からの苦情が多い。

ざっと挙げるとこんな大工さんは普通の大工さんです。普通というよりは、よろしくない大工さんの様に思えますが…一流と呼ばれるにはまだまだの大工さんと認識していただければと思います。逆に一流の大工さんとは、上記の内容とは正反対の事が当たり前に出来て、普通の大工さんの何歩も先を行っている大工さんです。

昔の様に大工さんに挨拶に行き建築のお願いをするなんて時代は終わってしまいました。今や職人さんを好きに選べる時代ではありません。一生に一度かもしれない家の建築を普通の大工さんよりは一流の大工さんのお願いしたいと誰もが思うはずです。しかも工事の大半を担うのは大工さんですから尚更です。今、お施主様と職人さんの間に入るのは建築会社です。より良い家の完成の為、良き職人さんを紹介していかなければならないと考えさせられる記事でした。大工さん、超一流になれる様に頑張りましょうね!

2017.06.22Writer:yoshinaka

誰が主役か?

こんばんは、義仲です。

家づくりの主役は誰でしょう?当然、お客様です。と営業マンは答える事でしょう。しかし、言っている事とやっている事が違っている営業マンが多いのが現実です。主役であるはずのお客様のペースを奪い自分のペースで話を進めてしまっている営業マンが多い様です。

営業マンは自分のペースにし、早く話を進め契約を急ぐのでしょうか?それは、競合相手に先を越されないようにし、確実な利益につなげたいからです。業務姿勢としては、間違っていないのかもしれません。ですが、お客様のペースを変えてしまうほど話を急がせてしまうのは如何なものかと思います。

家づくりの計画は初めてという方が殆どだと思います。何度も経験されている方もおられますが、ごく稀です。計画を練るスピードもそんなに早くは出来ないと思います。そんな状態で自分たちのペースを乱されてしまうと大変な事になると思いませんか?建築業者の話も聞きたいですし、自分たちの質問も投げかけたい事でしょう。

本当にお客様が主役で家づくりが成り立っている事を理解している営業マン、建築業者は、より良い家づくりの提案はしますが、お客様のペースを変える様な提案やお話しはしません。お客様の話を聞く事よりも自社や工法の良い所ばかりを話す事を優先するなんて事があったら要注意ですよ。

2017.06.20Writer:yoshinaka

若年層患者の割合

こんばんは、義仲です。

皆様のご家庭に0歳~19歳の年齢の方はいらっしゃいますか?平成26年の調査によると、0~19歳の若年層患者は、喘息患者の38%、アレルギー性鼻炎患者の43%、アトピー性皮膚炎患者の36%を占めているとの結果が出ました。お家の空気がアレルギーの一因になる事を今まで触れてきました。この調査結果数値もきっとお家の空気が影響している事でしょう。

ダニ、カビの胞子が胞子が増えやすい環境にしない為に、室内空気の質を守るには、換気は絶対条件です。そして、湿度管理です。今から家を建築される方、リフォームをお考えの方には、材料、素材自体が調湿機能を持つ資材を使用し建築される事を強くお薦めします。

質の良い素材の欠点はコストが高い事です。しかし、高いだけで敬遠して欲しくないのです。質のよろしくない低コスト資材を使用したが為に体調を崩してしまえば、幸せな生活からは遠ざかってしまいます。現状、健康な人も家が悪いと高い割合で悪い影響を受けるという事も解っています。いかに良い生活環境(家)をつくるかが大切です。

2017.06.18Writer:yoshinaka

ポストの位置

こんばんは、義仲です。

家の計画を進めるにあたって、初期の段階でお家のポスト位置について考える事は、間取りやデザインを考える事が優先され、なかなか難しいものです。ですが、ポストの位置が住み心地に与える影響は意外に大きいので、出来るだけ早く設置位置について考えて行かれる事をお勧め致します。

家族以外が敷地内に侵入するのを避けたい場合は、道路に近い場所への設置をお勧めします。その際に安全性を高める為に、鍵や暗証番号があるもの。中が見えなくなっているもの。を選ばれる様にすると良いと思います。

天候や視線を気にされる場合は、お家に出来るだけ近い場所への設置をお勧めします。お家自体に取り付けてしまうのも良いと思います。雨の日は体を濡らすリスクは低くなり、早朝の寝起きの状態でもご近所からの視線を気にし過ぎないですみます。

間取りから間取りへの動線計画と同じように郵便物を取りに行く動線についても考えて行きましょう。そして、こんな素敵なポストが付けられれば、毎日が楽しく感じられる事でしょう。

南中振_04

2017.06.16Writer:yoshinaka

電気も変える時代

こんばんは、義仲です。

最近では、水だけでなく電気も良いものに変えるという時代がやって来ています。浄水器を通して身体触れる水、身体に取り入れる水の質を良いものに変えるというのは、良く知られ実際に行っている方々も多いのではないでしょうか。最近では、電気を変えるんです。

電気も私達が生活をするのに大切なエネルギーです。その大切なエネルギーですが、最近では電磁波の問題と合わせて見直して行かなければならない方向性にあります。私達は、お家の電気を集約する分電盤を性能の良いものに変える事で日常浴びる電気を良いものに変え、より安心して生活できる環境をつくって行こうと取り組みを始めました。

分電盤から放射されるテラヘルツ波でノイズを調整し、電気の流れを円滑にする仕組みです。電気の流れが円滑になる事によって、電気が電線内を移動する際の発熱によるエネルギーを減少させ、節電につながるのと同時に電磁波軽減の電気が流れます。電気経路のメイン部である分電盤が優秀なので優秀な電気が家の中を通うという環境が出来上がります。新築は勿論、リフォームでも採用できる生活環境を高める工事となります。取り入れてみませんか?

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved