TEL072-982-0753

9:00〜18:00 (水曜休)

大阪府東大阪市出雲井本町8-18 枚岡駅前ビル2F

吸放湿性

投稿日:2018年03月14日

こんにちは、義仲です。

靴が濡れてしまった時、新聞紙を靴の中に入れられた経験はありませんか?

私はよくやっていました。乾燥を早める為によくやりました。

新聞紙、木質繊維は生きていて周囲の状態に応じて水分を吸ったり、

吐いたりします。この吸放湿性が適度な湿度をもたらしてくれます。

 

IZUMO建築設計の推奨する断熱材はセルローズファイバーという

断熱材です。吸放湿性を持った断熱材です。

 

 

湿気を吸ったり吐いたりの繰り返しで壁の中に湿気を溜めません。

壁の中で結露を引き起こすのを防いでくれます。

生きている繊維断熱材ならでは調湿効果を発揮してくれます。

良い家か、悪い家かは断熱材の良し悪しによって左右されるといっても

大袈裟ではありません。

住まう家族の健康にも影響してくる断熱材は、こだわって慎重に選択

なさって下さい。

 

 

 

大阪での注文住宅のご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

 

 

 

2018年3月14日 投稿|