TEL072-982-0753

9:00〜18:00 (水曜休)

大阪府東大阪市出雲井本町8-18 枚岡駅前ビル2F

木造軸組構造

投稿日:2018年04月03日

こんにちは、義仲です。

最近は家の構造についてのお問合せが多い様に感じております。

ということで、今日は構造のお話を。

 

『日本といえば木造』というイメージを少なからずはお持ちに

なられた事があるのではないでしょうか?

私自身、木の持つ良さを学び、やっぱり木造は良いなと感じて

いる一人です。

IZUMO建築設計で採用している構造は、「木造軸組構造」といいます。

木造軸組構造は、戦後の日本建築において最も進化している構造で

あり、工法であると思います。

進化の一番の大きなきっかけは、やはり阪神大震災ではないでしょうか。

震災の被害で木造軸組構造・工法の家の弱さが露呈された結果となって

しまいました。

家の壁全体で家を支える工法である2×4(ツーバイフォー)工法

に注目が集まり出し、軸組工法は受注を落としました。

柱、梁で支える軸組工法の考えに、2×4の壁で支える考えを取り入れ、

見直し、信用を回復させました。「耐力壁」の考え方が定着したのもこの事

がきっかけとなります。

さらに構造部材の接合方法に金物接合を取り入れ、現在まで大きく進化

してきました。これから未来に驚く様な進化があるかもしれませんが、

木造である以上、木の持つ良さを消してしまうような進化はして欲しく

ないと願います。

 

 

 

家の構造に関してのご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

 

 

2018年4月3日 投稿|