TEL072-982-0753

9:00〜18:00 (水曜休)

大阪府東大阪市出雲井本町8-18 枚岡駅前ビル2F

接道義務

投稿日:2018年04月26日

こんにちは、義仲です。

建物の敷地は、幅員4m(地域によっては6m)以上の道路に

2m以上接しなければならない。という義務付けられた条件

を聞かれた事はありますでしょうか?

建築用地をお探しの方は理解されておられる方々が多いです。

建築基準法で定められている内容でもあります。

対象となるのは、都市計画地域と準都市計画区域と呼ばれる

地域となります。

では何故、義務付けられているのか?

それは、万が一、災害や事故が発生した場合、敷地の間口が

あまりにも狭いと避難に手間取る恐れがある為です。

救急車や消防車といった緊急車両の出入りに支障を来たす

可能性も出てきてしまいます。そんな状態ですと、安心に

暮らせませんよね。

 

接道義務を充さない土地上の建築物は、違法建築とみなされます。

違法建築なので、当然売却は出来ませんし、建て直そうとしても

建築許可を得ることが出来ません。

不動産資料に記載された内容は条件を満たしているのに、実測

してみると条件が満たされていないなんて事も事例として有る様

ですので注意が必要です。

現地で計測してみたり、道路の種類は市町村役場で確認出来ます

ので、ご自身で確認されるのも良い事です。建築会社さんと話を

しておられる状態でしたら調査の協力依頼をされる事をお勧め

致します。建築計画は現場の確認が大切です。

 

 

 

敷地、接道に関してのご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

2018年4月26日 投稿|