スタッフブログ

2019.08.20

玄関の匂い対策

こんにちは、義仲です。

玄関は家の中でお客様を招き入れる初めの場所ですので、

匂いも気になりますよね。

風通しを考えて玄関に窓を設置し、空気の入れ替えを定期的

に行える様にプランニングしたり、小型の除湿器を玄関ホール

設置出来る様ににコンセントの数にゆとりを持たせておく考え

も増えています。

・濡れた傘・カッパを玄関内に置かない。

・下駄箱内の靴は空気の流れを確保できる程度の量にし、

定期的に扉をあけて換気する。

・雨や汗で湿った靴は、クシャクシャにした新聞紙を詰め

たり、除湿剤を入れるなどして早めに乾燥させる。

といった普段からの工夫の積み重ねも大切です。

そして、最も考えていただきたいのが内装材の選択について

です。有害物質を吸着してくれるだけでなく消臭効果を発揮

してくれるスペイン漆喰をお勧め致します。

貼って仕上げる内装材のビニールクロスより優秀な、塗って

仕上げる内装材のスペイン漆喰を検討されてみては如何で

しょうか?

2019.08.17

自分で片付けたくなる子供部屋

こんばんは、義仲です。

子育て世代のご家族の家づくり計画の課題一つに「子供部屋」

のあり方が挙げられると思います。

部屋で過ごしているお子さん自らが進んで片付けてくれたら

素晴らしい事ですし、迷う事無く子供部屋を採用したくなる

事でしょう。お子さん自らが自然と片付けたくなる子供部屋

づくりのポイントをお伝え致します。

ドアをあけた瞬間の第一印象が「美しい」といえること。

子供にとってはそれが、そのまま部屋と自分に対する肯定感

=愛着に連動していく様です。

壁の余白がどれくらいあるかが重要なポイントとなります。

例えば、背の高い書棚などが奥行きにつながる壁の延長上

を遮ってしまうという様なケースは良くないです。可能で

あれば、手前(入口側)に近い方向へ場所を入れ替える等

の工夫が必要です。デスクなど奥行きのある家具にも同じ

事が言えます。片付けたくなる子供部屋とは、視線の行く

方向にゆとりのある空間です。

子供は純粋だからこそセンス(感性)も抜群です。子供達が

「愛着のある部屋だから、きれいにしていたい!」という

気持ちが育むまれる様にさりげなくサポートして行く事も

大切です。子供部屋の配置を検討される場合は参考にして

いただければ幸いです。

 

 

2019.08.14

お客様を招く家

こんばんは、義仲です。

お盆は如何お過ごしでしょうか?お盆は親族が集まったりと、

来客が増える機会でもありますよね。

皆さんのお宅は、お客さんが来る事が多いお宅でしょうか?

来客が多い家をつくる時に意識しておきたい事の一つに、

お客様専用として使える洗面所(手洗い)の設置があります。

トイレに立ったら必ず手を洗いますし、何か食べる時なんか

にも手洗いがあるととても便利ですよね。

手洗いを設ける場所としては、玄関からリビングへ行く間や、

トイレの近くに手洗いをつけられるとベストですが、どうして

も手洗いを付けられる場所がない場合はトイレの中に手洗いを

付けるという方法もあります。

その他、洗面所を通ってトイレに行く間取りになる場合もあります。

その場合、洗面所はできるだけ収納を多くするなど生活感が溢れ

ないように工夫する必要が出てくるかもしれませんね。

お客さんが多い家の場合、キッチンや洗面所など生活感が溢れる

場所へお客さんが行かないような間取りにしておくのが重要にも

なります。

お客様を招く家としたい場合は、家の住み心地とおもてなしの

両立をイメージする事から始めてみましょう。

 

 

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved