スタッフブログ

2016.07.18Writer:yoshinaka

『リスク』と『ハザード』

こんばんは、義仲です。

住宅内での危険には『リスク』と『ハザード』の2種類がある様です。『リスク』とは、成長にとって欠かせない危険。『ハザード』とは、事故につながる危険性があるものです。

この2つの危険にさらされ易いのが、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭です。小さなお子さんはお母さんが一緒にいたとしても予期せぬ行動を起こしたりします。その一瞬の隙をついて事故は起こってしまいます。

では、事故の確率を下げるにはどうするか?『リスク』に対してはご家族での対応が重要だと思われます。お子様の成長過程を見守る中で、何がどう危険でどうすれば安全なのかを学び実施する事ではないでしょうか。ちなみに、家の中で特に事故が起こりやすいと言われている箇所は、ベランダ、キッチン、お風呂場です。

そして『ハザード』に対しては、家を建てる側、私達工務店の対応が重要です。取り除くべき点であり、お客様のご要望であっても危険が伴う事が予想されれば、ちょっとお待ちください!とお声かけをする対応が必要となります。

住まい手と作り手の安全意識が高いと、より安心して過ごせる家に近づくのだな改めて感じました。

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved