menu

スタッフブログ

2018.08.17

四季の変化楽しむ工夫

こんばんは、義仲です。

収納と聞いて初めにイメージする収納はどんな収納でしょう?

物を上手く納めて隠す。という「隠す収納」は昔から、部屋を

すっきり見せるのに有効であり、多くの家庭で採用されている

事と思います。

最近ではオープン棚など、インテリアの一部分という感覚で、

物を見せながら納める。という「見せる収納」の採用も増えて

いると実感します。

日本の住まいといえば、床の間があり季節の行事の道具などを

飾る事で、四季の変化を楽しむという事がなされてきました。

「隠す収納」と「見せる収納」のどちらかに偏るのではなく、

上手く組み合わせる事で、床の間が無くても日本の季節感を

楽しむ工夫が可能です。

季節の植物、子供の絵や工作、趣味の作品、等を隠す収納と

見せる収納の間で巡らせて、「見たくなる収納」づくりは

如何でしょうか?

 

 

 

 

生活が豊かになる様な収納づくりをご一緒に。

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲総合建設

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved