スタッフブログ

2017.02.19Writer:yoshinaka

坪単価の落とし穴

こんにちは、義仲です。こんな表示や広告に要注意です!

blog0702[1]

 

 

 

 

 

 

住宅の価格を探るのに多くの方は坪単価をあてにし過ぎているのではと感じます。参考にする為に提示された、坪単価〇〇万円には落とし穴が潜んでいます。

同じ仕様で同じ大きさであっても、建物形状や間取りの取り方によっては、費用は大きく異なる事があります。坪単価の安さが魅力で、建築会社を決定。いざ計画が動き出すと描いていた形と違って後悔をされた方、結構多いんじゃないでしょうか?冷静に考えれば、工事する範囲、希望内容が増えれば、金額が変わってくるのはどこの建築会社でも同じです。

沢山の壁で仕切った部屋を配置するのではなく可能な限り壁を無くした解放的な部屋を配置したり、見られてはまずい収納部、見られても問題の無い収納部を明確にし、必要で無ければ扉を無くしたりと工夫する事でコスト減につながります。様々な工夫、考え方は存在します。

坪単価はあくまで概算目安です。こだわればこだわる程単価は上がり、賢く我慢や工夫をする事で単価をおさえれます。落とし穴に落ちない様にする為に先ずは、建築会社の坪単価に対しての考え方を聞き、理解する事から始めましょう。

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved