スタッフブログ

2016.11.29Writer:yoshinaka

壁の中の結露

こんばんは、義仲です。

寒い時期なると登場するのが暖房器具です。そして結露対策も考えて行かなければ行けませんよね。結露といえば窓の周辺というイメージを持たれる方が多いと思われます。同時に考えて欲しいのが、窓が結露しているとなると壁の中も結露しているという事です。

壁の中の結露を壁内結露といいます。原因は壁の中の断熱材にあります。グラスウールやロックウール等のガラス繊維で出来ている断熱材の使用は避けるべきです。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%ab

 

 

 

 

 

 

ガラスは水分との相性が良くありません。壁の中で発生した湿り気(水分)はガラス繊維で出来た断熱材では処理される事もなく壁の中に溜まったままとなります。その結果、木材を腐らせカビ、ダニの発生へとつながってしまいます。

腐った壁は、剥がして貼り換えないと直る事はありません。安易な断熱材の選択は不幸を呼びます。お気を付け下さい。

%e5%a3%81%e5%86%85%e7%b5%90%e9%9c%b2

 

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved