スタッフブログ

2016.09.15Writer:yoshinaka

短期か、長期か

こんばんは、義仲です。

住宅ローン低金利が続いております。どれくらいの返済期間を予定するか悩みますよね。短期、長期それぞれメリット、デメリットを持っているので余計に悩むんでしょうね。

目安としては定年と言われます。あなたが定年退職するまであと何年あるのか?です。定年退職後の住宅ローン返済は大変なことが予想されます。定年退職後も返済が続く契約は出来るだけ避けたいところですが、子供の養育費が多い時期の費用負担を避けるため敢えて定年以降まで契約を結ぶ事例もあります。

繰り上げ返済で支払期間を短縮して、定年退職時に間に合わせるという考え方です。この考え、方法を選択する場合、どの段階でどの程度の繰り上げ返済をするのかあらかじめ計画を立てておく必要があります。

この様な話になると、やはり資金計画は大切だと感じます。計画を組んでいない方、組めている様でおおよそでしか考えれていない方は、しっかり計画する事から始めましょう。

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved