スタッフブログ

2017.08.06Writer:yoshinaka

良い地盤の土地

こんばんは、義仲です。
誰もが良い地盤の土地を探し出したいと思うのは当然だと思います。実際どんな土地なのか少しアドバイスさせていただきます。

まず土地は簡単に言うと標高が高いところの方が強く、低いところの方が弱い傾向にあります。ですので、丘になっていたり、周りよりも少し高くなっているところは地盤が強い可能性は高いです。田んぼや川、池が近い場所は弱いと聞いた事があるのではないでしょうか?田んぼや川、池が近いだけで判断するのではなく、標高の高さも合わせて考えた方が良いと思われます。
他には昔からの神社や仏閣がある地域なんかも地盤が強い傾向にあると言われています。洪水や地震の被害が少ない場所を選んでつくられているという歴史があるからなんです。付属して、地名も参考にしたりします。地名に「山」とか「丘」がついていると地盤が強い地域で、「川」とか「田」がついていると弱い地域であることが多いという考え方もあります。

様々な考えがある中で一番信用出来て、重要としたいのが、土地が住宅地になる前にどんな土地だったのかという点です。不動産業者に訪ねてもはっきりしない場合は、国土地理院のホームページより、「国土変遷アーカイブ空中写真閲覧」が可能なので活用してみるのも良いと思います。

少しは参考になりましたでしょうか?理想に合った完璧な土地と巡り合う事は非常に難しいものです。安心出来る地盤の強さが一番という事で探すのなら今回のお話しをふまえ探して行けば良いかもしれませんが、土地探すうえで、立地や環境、土地の形状など合わせて考える事も多いので皆さんが悩まれます。悩んだら優先順位を付けましょう。皆さんが家を建てる為に購入する土地にはまず、何を一番に求めますか?

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved