スタッフブログ

2017.07.06Writer:yoshinaka

表示違反に注意

こんばんは、義仲です。
土地を探す時、役立つ情報源の一つにチラシやインターネットなどの広告があります。沢山の情報の中には、消費者に不利な情報を隠したり正しくない情報を伝えている広告もあるので注意が必要です。

広告に記載される情報には基準が設定されています。ちなみに、物件の内容・取引条件などに係る表示基準は、
・取引形態
・物件の所在地
・交通の利便性
・各種施設までの距離または所要時間(徒歩所要時間は、道路80mにつき1分で計算)
・面積
・物件の形質
・写真・絵図
・設備・施設等
・生活関連施設
・価格・賃料
・住宅ローン
等です。
広告の適正化を図る為、措置がとられた一例は、次のような内容のものです。
●おとり広告(取引の対象にならない物件の広告を行った)(相場より著しく安い価格で広告した)
●特定事項の明示義務違反(敷地が著しい不整形画地である旨を記載しなかった)
●取引内容の不当表示(専有面積を、実際より広く表示した)(最寄駅等からの徒歩所要時間を、実際より短く表示した)(物件周囲には建物があるのに、空き地であるかのように広告した)

家の本体だけでなく土地も不利な情報は公表されず隠されてしまっている事もあります。誤った情報が発信されている事もあります。ご自身で土地を探すというのは、時間を費やします。費やした時間を無駄にしない様に、何か気になる、おかしいな。と感じたら不動産業者や建築会社に相談される事をお勧め致します。

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved