スタッフブログ

2017.07.14Writer:yoshinaka

設計士さんと

こんばんは、義仲です。
先日、設計士さんのお誘いもあり、他社さん建築のモデルハウスの見学をさせていただく機会がありました。
『華美では無いけど、野暮で無い家』という設計コンセプトの家でした。間取りの取り方、各部屋(空間)の取り方がとても上手く非常に勉強になりました。

今回とても勉強になったのが、部屋(空間)の作り方でした。天井はただ高ければ良い、部屋の広さは出来るだけ広く、という考え方の感じられない家でした。それぞれの部屋(空間)での目的がはっきりしていて、それに見合った天井の高さ、どのように作れば心地が良いのかが考えられていました。
4帖足らずの子供部屋は小さいと感じますか?2m20㎝の天井高さのリビングは窮屈だと思いますか?あまり採用されない寸法かもしれませんが、バランスが良ければ、不思議と不快に感じないものです。

素晴らしい設計コンセプトが反映された家だったのですが、残念だったのは使用されている資材の質がよろしく無かった事です。やはり空気の綺麗さは0宣言の家が一番!と改めて感じました。間取りや空間からも心地良さを感じれる様な物件を1件でも多く提供させていただける様に努めて参りたいと思います。

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved