スタッフブログ

2015.09.23

調湿する断熱材

こんばんは。義仲です。

住宅の壁の中に施工する断熱材は、調湿する断熱材を選びましょう。日本の気候は高温多湿です。湿気が多い時は湿気を吸い込み乾燥時には蓄えた湿気を吐き出してくれるそんな断熱材を選択してください。

呼吸しない断熱材を壁内で使用すると、湿気を吸うばかりになってしまい壁内で結露を起こしてしまいます。壁内は湿気ている状態が長く続き断熱材を腐らせてしまいます。出来上がってしまえば、めくらないと見えない壁内。見えなくなる部分は特に気を付けたいものです。

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved