スタッフブログ

2018.10.13

間口について

こんにちは、義仲です。

間口(まぐち)という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

「間口の広い家」とか「間口の狭い土地」といった使い方をします。

間口とは敷地や建物の幅のことで、一般的には道路に面している長さ

のことを間口と呼びます。

間口が影響するものとして、

・土地の価格

・家の間取り

・家の外観

・車の停め方

が主にあげられるのですが、先ず頭に入れておいていただきたい事が

あります。

それは土地の間口いっぱいに家を建てられる訳ではないという点です。

お隣との建物の距離を保つという点でも意識しておかなければならない

点です。当てはめる間取りの事も考えると、最低限でも6.0mくらいは

間口がある土地を選ぶというのが目安になってくる事が多いです。

間取りにこだわるという点が、家づくりにおける優先順位の中で高ければ、

目安の寸法を広げて8.0mを間口の目安とするのも良いかと思います。

ただ、土地探しをしていると間口が広い土地は価格が高い傾向にありますし、

思うように間口がある土地が見つからないという壁にぶつかる事があります。

間口に関してお悩みの際は、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved