スタッフブログ

2019.08.26

1800ミリガウス

こんばんは、義仲です。

電磁波量1100~1800ミリガウス(テスラ)。この数値は、IHクッキング

ヒーターから放射される電磁波量を表します。

50mの高さの送電線のてっぺんから放出される電磁波量が31ミリガウス

(テスラ)と言われていますので、送電線よりもおよそ35倍~60倍の電磁波

が身近な電化製品から放出されているのです。

電磁波のリスクが公に取り上げられる様になって来たとはいえ、展示場

やショールームでは電磁波が大量に放出される危険性を持った多くの電化

製品の便利さを謳い、利用を促す環境は残念ながら変わらない様です。

今や私達の生活は電気が無ければ成り立たず、電化製品に助けられています。

人体への安全性を取るか便利さを取るのか?これから電化製品の利便性は、

更に向上するでしょう。便利さの陰にリスク面が隠れてしまうのが恐ろしい

です。

電磁波量1100~1800ミリガウス(テスラ)の放出という様なリスク面の話は

展示場やショールーでは教えてくれません。自ら知ろうとしないと人体への

悪影響から身を守り辛い社会、残念で仕方ありません。

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved