menu

スタッフブログ > 2016年5月

2016.05.31Writer:yoshinaka

建物と土地のバランス

こんばんは。義仲です。

家づくりを始めるにあたって建築用地を所有した状態でスタートできる方は少ないです。やはり、建築用地を探しながらという方の方が多いです。そんな方々に失敗してほしくないので、土地探しのポイントをお伝えします。

それは建物と土地のバランスを考えるという事です。一番やってはいけないのが、建物の事を考えず土地購入をしてしまう事です。そんな事はしないと最初は思うでしょうが、希望の地域内で更に条件の良い土地があれば、少々無理をしてでも買ってしまうという事も少なくは無い話です。当然ですが、土地にかけた費用の分建物のかける費用が限られてきます。

こんな家に住みたいから家にかける費用はいくら。と建物にかける費用を考えるという事を先にしてみて下さい。そうすると失敗もしないと思います。身を置くのは家、建物の方です。身を置く建物より駅が近いし、お店が多く何かと便利など、先ずは便利さを優先という場合は考え方も変わりますが・・・私は身を置く建物予算を優先する事をお勧めします。

2016.05.29Writer:yoshinaka

堺 S様邸体感見学会

こんばんは。義仲です。

本日は、堺市S様邸の体感見学会を行わせて頂きました。S様、ご協力頂きありがとうございます。ご参加頂きました皆様もありがとうございました。S様邸の吹き抜けは相変わらず素敵で羨ましくなります。娘様も少し見ない間に大きくなられて、0宣言の家で健やかに成長されているご様子で嬉しかったです。

体感見学会の魅力は何と言ってもお施主様の生の声がお家を見学させて頂きながら聞く事が出来る所です。今回もS様にはご質問にお答え頂き、間取りのポイントもお話し頂きました。貴重なお話しをお聞かせ頂けましたので、今回ご参加頂いた皆様には失敗しない家づくりのご計画に是非、生かして頂きたいと思っております。計画に迷いが生じたら今日の事を思い返してみて下さいね。

S様、本日も沢山お話し頂き、貴重なお時間をありがとうございました。感謝致します。

150802_0003

 

2016.05.28Writer:yoshinaka

広く見せるコツ

こんばんは。義仲です。

今まで間取りに対しての理想として断然多いのが、収納を充実させたいという思いです。これは皆さんが何となくでも想像出来る理想の形ではないでしょうか。そして、意外と多いのがリビングを広く見せたいという思いがあります。

広く見せたいというより広くなる方法は単純で、無駄な物を置かない事です。しかし、そんな事解っているけどなかなか出来ないんですよね・・・そんな方は家具に対して次の内容を試してみてください。

・家具は統一させ、背の低いもので揃える。

・家具の色は鮮やかな物よりナチュラルなもので揃える。

少しは広く感じる事の出来るリビングになるかと思います。

家具に対しての工夫も良いですが、やはり動線計画を大切にしましょう。椅子を置くなら椅子を引くスペースが必要です。人の動線とまともにぶつかっていませんか?いかにストレスの少ない動線を確保出来るかというのも空間を広く見せ、感じさせれるかの大切なポイントです。

 

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲総合建設

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved