スタッフブログ > 2016年7月

2016.07.30Writer:yoshinaka

燃えたのでは無く

こんばんは、義仲です。

何の写真か解りますか?

hekinaiketuro

壁の中が腐ってしまい劣化している写真です。黒い部分があるから燃えたんじゃないか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際はカビて腐っているんです。建物の結露には内部結露というものがあり、壁の中の結露、壁内結露が起こり最終的に腐ってしまった状態です。

壁の中が腐っているかどうかなんて壁をめくらないと解りません。壁が出来てしまっていては簡単にめくるという訳にもいきません。では、どうするか?

私達は、壁内に湿気を溜め込まない壁をつくる事を強くお薦めします。呼吸する壁です。気密を高めて呼吸しない壁なんか絶対にお薦め出来ません。

呼吸しないという事は、調湿が出来ないという事。調湿が出来ないと湿度が壁の中に溜まってかカビが発生しやすい環境をつくります。カビが発生してしまうと腐るしかありません。そして最悪の場合、アレルゲンが空気中を浮遊し人体に入り悪影響を及ぼすのです。

そんな恐ろしい壁に囲まれた家では安心して暮らせません。健康住宅に呼吸する壁は必須です。

 

2016.07.28Writer:yoshinaka

寝室にいかがですか?

こんにちは、義仲です。

以前は内装床材はパインの床材が主流だったのですが、ここ最近は杉の床材を採用して頂く機会が増えております。杉といってもただの杉ではなく、【奇跡の杉】です。

何が奇跡かといいますと、45度という低温で木材をじっくりと均一に乾燥することで、木の持つ色、艶、香りがそのまま残り酵素が行きます。乾燥後に水分を再吸収する事が少ないので、加工後の変形も少ないのです。

南水苑06

パインの床も採用したいし悩むという方は、部屋ごとで別けてみるのも良いですよ。寝室に奇跡の杉を採用されてはいかがでしょう?高い鎮静効果が期待出来るので寝室に採用される事をお薦め致します。杉の心地良い香りに包まれている寝室は別格です。

2016.07.26Writer:yoshinaka

気づかないうちにずれる

こんばんは。義仲です。主婦の方はこんな経験ありませんか?

スーパーにて、⦅〇〇〇円以上のお買い上げで卵1パック〇〇円!⦆と聞いてつい、買ってしまった…今日は卵は必要なかったのに…

選考の逆転という様で、考える基準が気づかないうちにずれてしまう事の様です。安い買い物の場合は、まぁいいかと割り切れても高い買い物の場合はそうはいきません。そうです、家は高い買い物です。家づくりの途中で、選考の逆転が起こると完成後に悔む結果となってしまうでしょう。

家づくりの目的はなんでしょう?今の生活より幸せに暮らす事でしょうか?叶えたい事を実現する為に何を優先するのか、まずその点を意識しましょう。そうすれば、選考の逆転によって悔む結果にならなくて済みますよ。

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved