menu

スタッフブログ > 2016年8月

2016.08.31Writer:yoshinaka

日当たりチェック

こんにちは、義仲です。

8月も今日が最終日、少しずつですが日が短くなってきました。秋が少しずつですが近づいて来た様です。

さて、現在土地探しをされておられる方はこれからの季節を大事にしてください。秋、冬の日照の変化を検討されている地域で見ておくと良いですよ。冬になって極端に日当たりが悪くなるという土地もあるかもしれませんので。

ご近所のお宅は有利に日を取り込むにはどうしているか?等も気にしてみるのも良いと思います。自分が建てる場合はこう建てたいんだけど、、、とイメージしながら楽しく土地探しが出来る事が理想です。

涼しくなる時期の土地探し、暑い時期と比較すると行動を起こしやすいと思いますので、可能な限り自身で現地を訪問してみましょう。

 

2016.08.30Writer:yoshinaka

湿度のコントロール

こんにちは、義仲です。

快適な室内の湿度目安は40%~70%といわれています。どのような温度域も適した湿度で保たれると乾燥やじめじめを感じる事は無いでしょう。カビ発生、細菌の繁殖を促す多湿状態を緩和する為に、多くの住宅は機械によって湿度のコントロールをゆだねています。

湿度コントロールは住宅の大切な機能であります。調湿を機械ばかりに頼っていては健康住宅とは呼べないのではないでしょうか。住宅の持つ調湿機能が生かされる住宅こそ、健康住宅として認められるべきだと思います。調湿機能は低いが、自然素材を使っているので健康住宅。そんな簡単なものではないはずです。

2016.08.29Writer:yoshinaka

理想の外壁

こんにちは、義仲です。

日光を反射して、屋根、壁に熱を持たせない遮熱という方法がある事をご存知でしょうか?

遮熱とは、熱のもととなる日光が物体に当たっても跳ね返す事により物体が熱を持ちにくくする工法です。物体の表面温度は著しく下がります。

弊社では、外壁を遮熱塗り壁(セレクトリフレックス)で仕上げております。夏場の強い直射日光に照らされても、壁面温度は38℃前後となります。肌が触れて、熱い!なんてことにならない外壁です。外壁が熱を持っていなければ、物体同士が触れ合って伝わる伝導熱や空間から伝わる輻射熱も起こりにくくなります。当然、快適な室内環境の維持につながります。

日光に当たっても熱を持たない壁。理想の壁ではないでしょうか?

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲総合建設

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved