menu

スタッフブログ > 2017年7月

2017.07.31Writer:yoshinaka

夏場の土地探し

こんばんは、義仲です。大阪では本日で5度目の真夏日になったとかならないとか、、、本当に毎日暑い日が続きます。
昨日は土地物件の状況を確認しに行って参りました。掲載されている情報では解らなかった点を現地へ足を運ぶ事で把握する事が出来ました。暑い日中に足を運んだ甲斐があり、日中どれだけ明るい土地なのかも確認出来ました。収穫があって良かったです。

土地の形状は様々、ざっと挙げるとこんな感じです。

ぱっと見ると素直な形状の正方形、長方形が良いなと思いますが、実際に現地の雰囲気を感じながら見てみると、必ずしも気に入るとは限りません。逆に、不整形地もそんなに悪くないと気に入られるかもしれません。やはり現地を確認するのは大切です。

夏場の土地探しは暑さも伴い大変ですが、時間、体調の許す限り現地へ足を運んでみましょう。真剣に土地探しをされておられる皆様には出来る限りのサポートをさせていただきます。是非ご相談ください。運命の土地に出会う為のお手伝いをこれからも続けて参ります。今月もありがとうございました。

2017.07.30Writer:yoshinaka

建築物省エネ法

こんばんは、義仲です。
建築物省エネ法が施工されている事をご存知の方もいらっしゃるかと思います。目的は、エネルギー消費の合理化を進めることです。
手段として、住まいのエネルギー消費性能を視覚化することにより、省エネ住宅の適切な評価、普及を狙っています。最近では、様々な所で目にするZEH。(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指している事が要因の様です。省エネルギー性の高い家づくりをするかしないかで資産価値に影響を与えるとも言われています。

性能を高めより良い家の完成を目指す事は良い事です。その完成した家は長く、快適に住めるものでなければならないと思います。
高性能を維持する為に様々なシステムが導入されている傾向にあります。例えば、空調システム、導入した当初は良いものですが、維持管理、メンテナンス費用は把握出来ていますか?又、システムは特化して素晴らしい反面、家を形成する素材は、それなりのものが使用されている可能性もある事を知っておいて下さい。それなりという事は、劣化も早いという事です。

完成した家に住むのは購入されたお客様です。エネルギー消費の合理化を進めるという時代の流れの中で、建てて良かったと本当に喜んでいただける家が1棟でも多く建つ世の中になれば良いなという理想はあります。その反面、時代の流れで省エネ住宅をつくる事で、どこかで業者の利益ばかりを優先した粗悪な家が増えなければいいだけど、、、と思ってしまいます。

  

2017.07.28Writer:yoshinaka

継ぎ目が現れている外壁

こんばんは、義仲です。
外壁の継ぎ目部分が現れて仕上がっている壁を選択してしまうと、メンテナンス費用が3~5年周期でかかってくる事が予想されます。継ぎ目にはコーキングというゴムが注入されている事が殆どです。外壁ですので当然、屋外であって紫外線等による劣化が激しく早ければ3年、いや2年でしょうか、部分補修等が必要となってきます。一度の部分補修では済まず、様々な箇所が痛み出し2度目の部分補修という可能性もあります。そうこうしているうちに約10年程経過した頃には、全箇所目地の打ち変えが必要となって来るでしょう。


少しくらい大丈夫と思っていても継ぎ目のゴムが傷み剥離や亀裂が発生すると雨水が侵入してしまいますので放っておくのは難しいでしょう。建てた瞬間から長く住むためにはメンテナンス費用をかけ続けないといけない外壁の家となってしまっているのです。悲しいものです。建てた後に後悔しない為にも、建てた後にかかる費用に関しても把握する事をお勧め致します。外壁の継ぎ目が現れている壁の選択は自分にとって正しいのか、考えてみましょう。

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲総合建設

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved