スタッフブログ > 2018年2月

2018.02.28

靴はどう収納する?

おはようございます、義仲です。

皆さんは靴を沢山お持ちでしょうか?コレクションとして集めて

おられる方もいらっしゃいますので様々だと思いますが、靴は一人

で大体10足ぐらい所持している事が多いらしく、4人家族の場合、

一家で40足は靴があるであろうと目安計算をします。

 

幅約80㎝で腰高くらいまでの下駄箱にめいっぱい収納して約24足

は収納出来ます。(ブーツ等背の高い靴以外)

3人以上の家族構成ですと、横幅、高さを増やして収納を考えていく

必要があります。

最近では玄関に付属する収納スペースを活用して使用頻度の高い靴と

そうでない靴を別けたり、季節によって入れ替えたりと収納の仕方を

工夫されるご家族も増えています。

靴は下駄箱へ収納という固定の考え方を、別の収納方法は無いかな?

と柔軟に考えてみては如何でしょうか、理想の玄関収納の形が見えて

くるかもしれません。

 

 

 

 

大阪での注文住宅のご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

2018.02.27

お風呂の栓

こんばんは、義仲です。

皆さんのお宅のお風呂の栓はどんな形式でしょうか?

お風呂の栓といえば、チェーンの先にゴム製の栓がついているもの

が多く普及しています。

お湯を抜く時にはチェーンを引っ張るだけで良いのですが、線をする

時はかがむ動作が必要です。腰や膝を痛めている人にとっては、この

動作は辛く、負担になります。

 

一方、最近では浴槽のフチのボタンを押すだけの形式も増えて来ました。

一度押せば栓が閉じ、もう一度押せば栓が開きます。

 

 

身体への負担は期待できそうです。

家の本体の見学と同じように住宅の設備の見学もされておかれる事を

お勧め致します。近年は便利になり様々な設備品の実際の大きさは?

触れてみてどうか?をショールームという場を活用し、確認出来る様に

なりました。一度はショールームへ足を運んでいただき、住宅設備品の

イメージを膨らましてみましょう。

 

 

 

大阪での注文住宅のご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

 

 

 

2018.02.26

遮熱壁

こんにちは、義仲です。

IZUMO建築設計の外壁仕上げは、遮熱をする塗り壁です。

 

 

一般的な外壁は真夏になると60℃ぐらいまで温度が上がるの

に対し、この遮熱塗り壁は30℃程度までしか上がりません。

夏場ではありませんが、先日、日差しの強い日に触らせていた

だく機会があり遮熱性を改めて実感致しました。

断熱に加えて遮熱。遮熱を取り入れる事で家の快適さはアップ

します。聞き慣れない言葉かもしれませんが、遮熱って大切な

んです。

 

 

 

大阪での注文住宅のご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから。

 

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved