スタッフブログ > 2018年3月

2018.03.31

攻める間取り

こんにちは、義仲です。

国の基準で木造2階までであれば、構造計算は必須ではない

という事をご存じでしょうか?

 

まず建築の基準として、

〇壁量の確保

〇壁配置のバランス

〇柱の柱頭、柱脚の接合方法

の基準を満たすように考えます。

 

加えて、

・基礎

・屋根葺き材等の緊結

・土台と基礎の緊結

・柱の小径等

・横架材の欠込み

・筋交いの仕様

・火打材等の設置

・部材の品質と耐久性の確認

の8つに対しての基準もありますので、当然これらも考慮します。

 

上記の内容についてきちんと計画し建てる木造2階建てまでであれば

構造計算をしなくても認められます。

耐震等級が謳ってある、大手の建築会社である=構造計算している

というケースばかりでは無いことを知っておいて下さい。

 

私達のご提案は自由設計です。自由設計は攻める間取りとなるケース

が多いです。

・開放感を出す為に連続した開口を設けたい

・広いLDKが欲しい

・凹凸感を出したい

・2階をせり出したい

このようなご要望がありますと、いかに構造面を考慮して実現させるか

という考えになります。それが攻める間取りの考えです。

攻める間取りの考えとなっても安心していただける用にIZUMO建築設計

では、新築物件は全棟構造計算の対象とさせていただいております。

有名建築家のデザインに憧れておられる方、人とは違う特徴的な家を

求める方、木造でも開放的な家づくりを希望される方、様々なお考え

を実現させて行くのが自由設計の魅力です。お気軽にご相談いただけ

ればと思います。

 

 

 

注文住宅の間取りに関してのご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

 

2018.03.29

火災報知器の点検

こんにちは、義仲です。

ご存じの方も多いと思いますが、2006年、消防法が改正され

一般住宅への火災報知器の設置が義務付けされました。

皆様のお宅の報知器は正常に作動していますでしょうか?

もしかしたら交換時期が近づいているかもしれませんよ。

いざという時に正常に作動しなければ意味がありませんので、

点検を意識されると良いでしょう。

 

 

住宅用火災報知器は、約10年が交換の目安と言われています。

古くなると電子部品の寿命や電池切れ等で、火災を感知しない

状態になってしまいます。

1年に1回はお掃除ついでに点検をしてみてください。

ひもを引っぱったり、ボタンを押して「正常です」と反応するかの確認と、

ほこりの付着があれば、乾いた布等で拭き取りも行いましょう。

いざという時に助けになってくれる設備です。点検をお忘れ無く。

 

 

 

注文住宅に関してのご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

2018.03.28

森林浴をしている様な

こんにちは、義仲です。

昨日、お久しぶりに八尾市のH様邸へお邪魔させていただきました。

新築時から4年経過しましたが、森林浴をしている様な心地良さは

変わらず、住めば住むほどにH様の満足度が高まっておられるのが

伝わって来ました。清々しい空気に浸らせていただきありがとう

ございました。心地良さのお陰でお友達が長居されるのも納得です。

 

清々しい空気に触れるという事はとても大切な事です。

健康を意識して食べ物、飲み物を摂取するより大切な事だと考えます。

食べ物の、飲み物は身体に取り入れる前に拒絶する事が出来ますが、

空気は呼吸を行う為、拒絶する事は出来ません。

私達は住宅会社として、家という空間を提供する立場です。

永く身を置くマイホームでは清々しい空気に触れて生活していただき

たいと願います。

そうです、まるで森林浴をしているような空間での生活を多くの方に

実現していただきたいです。

 

 

 

 

注文住宅、心地良い空間づくりのご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved