menu

スタッフブログ > 2018年6月

2018.06.30

相見積もりの注意点

こんばんは、義仲です。

皆さんは複数の業者に見積りを依頼をする、相見積もりを依頼された

事はありますでしょうか?

住宅の新築やリフォームの場合でも当然、相見積もりは存在します。

相場を知りたい。少しでも安く仕上げたい。というのが相見積もり

を依頼するうえで最も多い理由ではないでしょうか。

依頼の際は漠然と依頼すると失敗します。依頼する側としての目的

を明確にされてから依頼をするように心がけて欲しいと思います。

依頼する側の計画段階での真剣な思いが依頼先に伝われば、質の

良い見積りが出来上がる事でしょう。

逆に、目的も曖昧で真剣味が伝わらなければ、良い見積りの出来

上がりは期待出来ませんので。

 

単なる値引き交渉や駆け引き材料にする事が目的なら、絶対に

相見積もりは止めて下さいね。でないと、目先の事に左右されて

本来の大きな目的を見失い失敗するかもしれませんので。

住宅の相見積もりは「使うもの」「つくるもの」が同等の条件である

場合に比較の価値が生まれる事をお忘れなく。

 

 

 

 

 

目的のある御見積り作成に努めております。

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

2018.06.29

幼児のヒヤリ・ハット予防

こんにちは、義仲です。

小さなお子さんがいるご家庭では、思いもよらない事故が起こる

可能性が高いので要注意です。

特に事故起こりやすいと言われる3ヶ所をご存じでしょうか?

ベランダ・キッチン・風呂場の3ヶ所だと言われています。

幼児は特に家の中で過ごす時間が長いので、その分家での事故

が多いです。

昔と違い、高層マンションで生まれて育つのが珍しくない時代

という影響もあり最近の子供は、高さに対する恐怖心が薄れて

いるとも言われています。屋外の事故に対しての注意も欠かせ

ません。

ベビーサークルの利用、安全柵を施す等、費用をかけて安全性

を高める手段はありますが、危険な場所の予測がされていれば、

費用をかけなくても危険を回避する工夫も可能となります。

ご家族で家の間取りを見直し、隠れた危険性を見つけ出し、

お子様と共に安心して生活の出来る住環境をつくり出して行き

ものです。

 

 

 

 

家の中の安全対策、一緒にお考え致します。

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

2018.06.28

2階にリビングで地震対策

おはようございます。義仲です。

大阪府北部を震源とする地震の発生。尊い命が奪われてしまった

ブロック塀の倒壊。施工する業者側の意識の持ち方を改める機会

が出来てしまった事が建築に携わる者として残念であります。

 

本日は、地震関係の話題で2階リビング構想について触れたいと

思います。

地震の時には重たいものほど危険であり建物にも負担を与えます。

家具の存在を甘くみることはできませんよね?

全てのお宅が該当するとは言い切れませんが、家の中で家具、荷物

が多いとされるのは個室です。空間で別けると個室の荷重は大きい

と想定出来ます。

その点をふまえ、2階に個室が集まる間取りより1階に個室が集まる

間取りの方が地震対策を考慮した家と言えます。(2階建ての場合)

よって、2階をリビングとして大きな空間構成とすると自然に地震

に対しての配慮が出来てしまうのです。

1階にリビングを想定して、強度を考え我慢して配置しなければ

ならなかった耐力壁も2階にリビング構想とする事で、構造計算上、

耐力壁を省く事も可能となるかもしれません。

 

皆さんの生活スタイルを考慮する事も大切ですので、2階にリビング

プランばかりを推奨する事は出来ませんが、「思っている以上にメリット

をもたらすのが2階にリビングプラン」であると、頭の片隅に置いて

おいていただければと思います。

 

 

 

 

地震に配慮の間取り構成、一緒に考えましょう。

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲総合建設

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved