menu

スタッフブログ > 2018年7月

2018.07.31

可変性要素のある家

こんばんは、義仲です。

永く住まう家にとって、家の可変性は無視する事の出来ない

大切な要素となります。今まで意識した事が無かったという

方は意識されるよう心がける事をお勧め致します。

 

30代から40代にかけては、家族も暮らしも拡大して行く

方向へ進みます。ところが、子供が独立してしまうと成長する

人の存在が無くなり、暮らしを拡大していく必要性は薄れて

行く事でしょう。

そんな時、家に可変性が備わっていれば、50代、60代を

迎え、家族構成、生活スタイルの変化が訪れても対応しやすく、

更に高齢になっても快適な生活の助けとなってくれる事でしょう。

 

どの家庭でも、家庭生活の節目が必ずやって来ます。

可変性なんて、どう考えるの?という方は、それぞれの節目の後の

時間をいかに楽しく送れるかをイメージされると良いと思います。

楽しく生活するにはどうしようか?と頭で描く事から始めてみて下さい。

 

 

 

 

家の可変性要素についてアドバイス致します。

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

2018.07.29

N様 ご契約

こんばんは、義仲です。

本日は、交野市で新築計画を進行中のN様とご契約させて

いただきました。数多くの住宅会社の中から弊社での家

づくりを決意いただきありがとうございます。

初めて出会った頃から、家に求める優先順位をしっかりと

持たれておられたN様、ご縁のある建築用地も決まり本日

を迎える事が出来ました。

ご一緒に建築用地探しからお手伝いさせていただいており

ました。これからご希望の地での建築が実現される事となり

私も嬉しく思います。

すくすくと成長されるお子様の成長を見届ける事の出来る家

の完成を目指し、スタッフ一同力を合わせて取り組んで参り

ます。宜しくお願い致します。

交野市に素敵なお家が増えるのが楽しみです。N様との出会

いに感謝。本日もありがとうございました。

 

 

 

 

自然素材でつくるデザイン健康住宅

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

2018.07.26

白熱灯

こんにちは、義仲です。

最近、電球について気付いた事はありませんか?

オレンジ色の光が減ったな。と思われた事ありませんか?

 

 

最近ではLED照明の登場で、白熱灯は減っていく一方です。

個人的には残念です。白熱灯の灯りは人間の体に優しいという

性質を持っています。睡眠を誘う効果もある事から、寝室の

照明計画の際もお勧めさせていただく事もありました。

灯りがもたらす雰囲気だけでなく、実際に身体に対して、

やすらぎの効果をもたらしてくれていたので、余計に残念に

思います。

 

日中の光を再現した蛍光灯の灯りを浴びる事の多い生活時間

が続くと体への負担は増えるばかりです。

照明器具を含めた快適空間、やすらぎ空間づくりは、難しい

時代になってしまったと感じております。

 

 

 

 

照明計画のご相談も承ります。

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲総合建設

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved