スタッフブログ > 2019年1月

2019.01.19

心地良い空間を体感下さい。

こんにちは、義仲です。

本日より交野市N様のご厚意により、お家の体感見学会を

開催させていただいております。

N様ご家族のこだわりが詰まった素敵なお家です。

家づくりをご検討の方は是非、体感見学に足を運んでいただ

ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の寿命に深く関わる断熱材についても学んでいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山の方々のご来場をお待ちしております。

 

2019.01.16

ダニに悩まない家

こんにちは、義仲です。

カビも怖いですがダニも怖いです。アレルギー疾患だけでなく、

慢性関節リウマチなどの自己免疫性疾患にも関与する万病の元

だとも言われています。

今日ではダニ判定薬というもの存在し、学校などでは年に一度、

判定薬を活用してダニ判定が義務付けられています。

ハエなどの様に空気が綺麗では無い環境をダニは好みます。

多くの時間を過ごす住まいでは特にダニとの関わりを少なくした

ものです。身を置く環境自体の空気が綺麗であればダニとの関わ

りも減る事でしょう。

IZUMO建築設計では、皆様に健康住宅としてご提案させていただ

いている以上、日々の健康をサポートする空間づくりに徹底して、

ダニが居辛くなる空気が綺麗な家づくりに努めております。

安心して永く住むことが出来るという誰もが求める家に対しての

条件を忘れない事が、ダニだけで無く湿気やアレルギーに悩まない

家を作り出すのだと思います。

 

2019.01.14

どちらのタイプ?

こんばんは、義仲です。

家をつくる時、誰でも一度は必ず悩む場所としてあげられる収納。

そんな収納ですが、各家庭の収納方法は大きく2つのスタイル、

「独立型収納タイプ」又は、「共有型収納タイプ」のどちらかに

別けられるそうです。

独立型収納タイプというのは、こっちは奥さんが使う収納で、あっちが

旦那さんが使う収納。という風に、使い分ける収納。あらかじめ誰がどの

場所を使うかを明確に分けてしまうんですね。

一方、共有型収納タイプとは、お互いの使う場所を明確に分けずに収納を

使うことで、例えば、ご夫婦どちらかが収納をメインに管理するケースや、

ご夫婦どちらかが服などにまったくこだわりが無いといった場合に、選ば

れることが多い収納だそうです。

簡単に言うと、個人で管理する場合と、家族で管理する場合の2パターン

に分けられるという事ですが、とある記事を読んでいて、掘り下げると深い

ものだと勉強になりました。

家を建てる際、今までどちらの収納タイプで生活をしていたか?どちらが

合っているのか?を知る事で収納のつくり方というのは変わって来ること

でしょう。収納タイプを知る事で悩み解消の道が開けるかもしれませんね。

 

 

 

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved