スタッフブログ > 2019年1月

2019.01.31

パントリーという収納

こんにちは、義仲です。

パントリーというフレーズ、良く耳にすると思いますが、

しっかりイメージ出来ていますでしょうか?

パントリーは食品を買いためる方にとっては買ってきた食品を

ストックできる便利な場所ですし、料理好きな人には調理器具

や食材置き場として、さらに子供にとってはお菓子が置いてある

夢のスペースかも知れません。

パントリーとは、主にキッチンの側にある収納の呼び名の事で、

主に食品や飲料、調理器具をストックするためのスペースであり、

使い方によって様々な形に姿を変えます。非常時に備えての非常食

や備蓄スペースとしても使えるのも心強いです。

奥様方にとって魅力的なのは、パントリーでしっかり収納力を確保

すれば、キッチンがキレイに片付きやすくなる事です。キッチンは

生活感が強く出やすい場所ですが、パントリーの活用でキッチンを

スッキリと保つ事が可能となります。

便利さを追求すると、どうしても広さが必要となってしまうのが、

難点ですので、先ずは食品のストックや調理器具の量で、パントリー

をつくるかどうかを判断しましょう。つくる事が決まったら、広い方

がいいのか小さくていいのかを考えると失敗が少ないです。

パントリーを作る場合、皆さんの生活スタイルにあった形でパントリー

を作ることが大切なんです。有効活用出来るか考えてみましょう。

 

 

 

2019.01.30

沢山比べて下さい。

こんにちは、義仲です。

交野市の家、体感見学会のご予約をいただきました皆様、

ありがとうございます。2月2日、3日を楽しみにお待ち

下さい。

後悔しない家づくりをされたい方は、ご参加ご検討下さい。

無垢の木の温もりは勿論、本当に身体に優しい資材で創られた

住空間を体感していただけます。住宅展示場の家とは違った

居心地を体感しに来られませんか?今まで見学された家と何が

違うのか、沢山比べていただく機会としていただければと思い

ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご参加、楽しみにお待ちしております。

ご参加ご希望の方は、義仲までご連絡お願い致します。090-9258-9636

 

2019.01.28

快適に過ごせる状態へ

こんばんは、義仲です。

様々な工法、資材が存在する現代では、新築工事に負けないくらい

リフォーム工事も多種多様です。

劣化した部分の修理だけをするにしても、〈快適に過ごせる状態にする〉

という大前提を忘れてはなりません。工事の規模にもよりますが、健康

に繋がるリフォーム工事の実施を検討していただきたいというのが、

IZUMO建築設計の願いであります。

ヒートショックや循環器系疾患など、住空間がもたらす身体に対しての

リスクをいかに減らす事が出来るかという点も慎重に考えていただけれ

ば幸いです。

快適に過ごせる状態にしたいとは思っていても、具体的に何について考

えて行けば良いか分らないという場合は、〈家の断熱性を向上させる〉

事を考えてみて下さい。家の断熱性を向上させる事は、快適性だけで

無く、疾病予防など得られるものが多いです。快適に過ごせる状態に

するリフォーム実現の近道は良い断熱材を使用しての家の断熱性向上

について考える事です。

 

 

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved