スタッフブログ > 2019年3月

2019.03.31

身体を守る為にこだわる

こんばんは、義仲です。

新年度を控えこれから春を感じられる日が増えて来ますね。

春は花粉症のイメージが強いですが、アトピーが悪化しやすい

時期でもあります。その原因は、生活環境の変化によるストレス

や寝不足、寒暖差や乾燥、黄砂の影響、紫外線の増大など、心身

に悪影響を与える原因が多い時期だからといわれています。

これから先、春のダメージから身体を守る家づくりについて、

益々注目される時代が来るのではないでしょうか。

厚生労働省が従来、シックハウス症候群の原因として指定していた

のは、ホルムアルデヒドなど13物質です。

その指針値をもとに、住宅業界では指定物質の使用を控えてきました。

しかし、シックハウスの被害が無くなることはありませんでした。

2017年には、使用を控える物質にテキサノールなど3物質が追加

されたことで、被害の減少が期待されましたが、劇的な変化は見られ

ません。又、指定物質の使用を控えるために使用する代替物質が健康

被害をもたらす可能性も否めません。

生活環境に対してこだわりを持たない事には、ダメージから身体を守る

家づくりの実現は難しいと思われます。

生活環境である住宅に対して、「この家なら身体を守ってくれるの?」

と、もっとこだわっていただきたいというのが私達の願いです。

 

 

2019.03.30

1/4の軽さ

こんにちは、義仲です。

地震の揺れに対して影響の少ない外壁について考えられた事は

ありますでしょうか?

震災後に被害が多いとされている外壁材はサイディングといい、

日本では多く採用されている外壁材です。サイディングは1枚

約17~20㎏/㎡の重量があり、家1軒(外壁面積を200㎡

とする)に換算すると約3500㎏~4000㎏もの重さが外壁

としてぶら下がっている計算となります。

IZUMO建築設計では、地震の揺れに対して、順応力を持って

いる壁が地震に強い壁と考えるので、重量をかけるのでは無く、

いかに軽量で粘りがあるかにこだわります。

弊社仕様の外断熱材と柔軟なネットを一体化させて仕上げる塗り壁

の外壁は、サイディングの外壁と比較すると、約900㎏ほどで、

約1/4の軽さですが、しっかりとご家族の安全を守る役割を果たし

ています。

重いから、ダメでは無いのですが、家全体のバランスを考えた施工

が私達施工業者に求められていて、安全性と予算のバランスの見極め

は住まい手に求められていると感じます。

 

 

 

2019.03.28

家づくり計画を成し遂げる為に

こんばんは、義仲です。

家づくり経験者の方々に新築した動機について訪ねると、

「アパートの隣室の騒音を我慢する生活から解放されたいと思ったから」

「賃貸より持ち家の方が精神的にものびのびと暮らせるから」

「子供のため、環境の良い場所で暮らしたいから」

「庭がある家での生活を楽しみたかったから」

「社宅の人間関係に疲れたから」

「寒さや暑さを我慢する今の生活が苦痛だから」

「耐震性や防犯性に優れ、安心できる家で暮らしたいから」

など、様々な動機をあげられる事を想像する事が出来ます。

これらの動機に共通するのが、「今より幸せに暮らしたい」

という願いが込められていることです。

家づくりは、今より幸せに暮らすための手段であると受け止める事が

大事なのではないかと感じます。

様々な媒体に触れる事で家づくりへのモチベーションが下がってしまう

という場合もあります。家づくり計画は楽しさだけではなく、大変な部分

も含んでいます。家づくりと向き合う事が辛い時、家づくりは、今より

幸せに暮らすための手段であると思い返してみましょう。

この春から家づくりを始められる方々も無事に計画を成し遂げられるます

様に、良い家づくりをなさって下さい。

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved