スタッフブログ

2019.05.28

5つの問題

こんばんは、義仲です。

第二次大戦後、日本には住まいを失った人が溢れていました。

ですので、短期間に数多くの家を建てることが求められていました。

そんな状況で住宅業界が起こした問題が5つ存在する事をご存じ

でしょうか?

一つ目は「シックハウス問題」

使用する新建材が原因で、住む人が病気になりました。

二つ目は「精神的な問題」

不十分なプランニングが原因で家族間の会話が奪われ、精神疾患を

引き起すきっかけになりました。

三つ目は「建物が病気」

新建材を多用する家は、建物の呼吸不足を招き、建物寿命を短かく

させました。

四つ目は「経済的な病気」

不適切な住宅ローンが原因で、年8万人を超える自己破産者が出て

しまいました。

五つ目は「環境問題」

新建材の家を壊した時の廃材が、産業廃棄物の7割を占めています。

残念ながら、この5つの問題が今日解消されているかといえば、

そうではありません。マイホームは人が暮らしを豊かにする為に手に

手に入れるものだと考えたいです。

家を建てた為に、病気になったり家族関係を悪くしたりして欲しく

ありません。ですので、家を建てる立場の皆さんにも住宅業界が起こ

した5つの問題を知っておいていただきたいと思います。

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved