スタッフブログ

2019.06.14

第3の皮膚

こんにちは、義仲です。

バウビオロギーって知っていますか?バウビオロギーとは、

BAU=家 BIO=生物 LOGOS=精神 を合せた

造語の事で直訳すると建築生物学となるそうです。

バウビオロギーの研究の中では、住まいを「第3の皮膚」と

捉え、自然素材を主体として心地よい空間をつくっていくと

いう考え方が存在しています。ちなみに第2の皮膚は衣類を

指すようです。

もし、住まいを体感する中で、〈シックハウスが原因で体調を崩した〉

〈結露が出来やすい〉〈夏は暑く冬は寒い〉〈冬は乾燥しやすく静電気

に悩まされる〉といった経験があるのなら、その住まいは第3の皮膚

としての条件を追求できていないのかもしれませんね。

数十年前の知識と技術では、これらすべてをクリアするのは困難でした

が、現在は素材や性能にこだわり安全性や機能性を追求できる状況に

あります。意識すれば、健康被害を防ぐ選択肢を選ぶ事が出来ます。

とても幸せな事です。そう考えると自ら心地良い空間を手に入れる為

の手段を断つのは非常に勿体なく感じます。

「第3の皮膚」(住まい)について出来るだけ沢山の知識を持って、

第1、第2の皮膚と同じように大切に考えたいものです。

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved