スタッフブログ

2019.08.27

脱衣室の床

こんにちは、義仲です。

家の中で1日の内、一番出入りが激しいのはリビング・洗面脱衣室・トイレ

と言われています。その中でも、トイレやお風呂に繋がる動線上にある事が

多い洗面脱衣室。そんな洗面脱衣室の床は何を選びますか?

出雲建築設計では、無垢の木の床材をお勧めしています。水廻りで劣化が気に

なるのでタイルを貼るという考えは一旦置いておいて、無垢の木の床を先ず

イメージしていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大抵の人は衣服を脱いでからお風呂に入りますので、洗面脱衣室(プランにより

洗面台を脱衣室内に配置しない場合は脱衣室)からお風呂へという動線が自然と

出来上がります。この動線間には、急激な温度変化がもたらす身体への悪影響

の可能性が存在します。ヒートショックの可能性です。

無垢の木の床は、お風呂と脱衣室間での足元の急激な温度変化を緩和してくれる

身体になじみ易く安心して歩ける床です。

洗面所に木の床という考えをお持ちで無かった方もイメージしてみて下さい。

安心して住める家づくりを求めるのであれば、検討の価値有りです。

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved