スタッフブログ

2019.06.11

発電+蓄電

こんにちは、義仲です。

国の施策である「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタート

して今年で10年となりました。屋根に太陽光パネルが設置された

お宅が増えていった光景が懐かしいです。残念ながら太陽光発電の売電

による利益には期待出来ない時代となってしまいました。

しかし、一方では「太陽光発電+蓄電池システム」により災害時の電気供給

を自給自足する方法が注目されています。これからは発電と蓄電の組み

合わせで自家消費や災害時の活用へとシフトチェンジされて行くでしょう。

太陽光パネルの設置は、電磁波の体への影響を懸念して推奨して来ません

でした。しかし、電磁波を悪いものから良いものへと変えるテラヘルツ

加工技術の導入が弊社でも可能となり、質の悪い電磁波が発生していると

わかっている環境でも安心して生活する事が可能となりました。

発電+蓄電の考えに賛同し、これからも太陽光発電と付き合って行かれる

事をお考えの方は、安心安全の環境で利用するという事も考慮していただき

たいと願います。発電+蓄電に加え、テラヘルツ加工技術についてご興味の

有る方は、一度お問合わせ下さい。

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved