スタッフブログ

2019.02.21

ヒートショック対策

こんにちは、義仲です。

ヒートショックについて取り上げられる場合、浴室と脱衣室の温度差に

注目される事が多いですが、実は浴槽の温度設定も大切なんです。

寒い時期の楽しみといえば温かいお風呂。という方もおられると思います。

より安心してバスタイムを過ごす為に浴槽の温度設定にも気を配って

みては如何でしょう。

安全で健康な入浴法は『40度以下のお風呂に10分』、ヒートショックの

危険度が増すのが、41度以上の浴槽温度設定からと言われています。

冬場の浴槽の温度設定は42度という温度設定が最も多い傾向にある様です

ので、気になる所です。

ちなみに、『40度以下のお風呂に10分』だと高温や長風呂を好む方より

皮膚の乾燥、肩こり、頭痛、便秘、汗かき、薄毛など多くの項目において

悩む割合が少ないことがわかりました。

脱衣室と浴室の温度差だけで無く、浴槽の温度設定にも気を配る様にしたい

と思います。

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved