スタッフブログ

2017.12.03

家の価格の仕組み

こんにちは、義仲です。

家の価格の仕組みについて知っておいていただきたい事が

あります。家の価格というのは、大きく分けて2つの要素

で構成されているという事です。

固定費といって、どんな家でも必ず必要なものと、変動費

といって、家の大きさの影響を受けるものの2つがあげら

れます。

 

どんな家でもお風呂やキッチンなどの設備は必要になって

きます。玄関の扉なんかも必要ですよね。

これらのように、必ず必要になってくる物の費用の事を

固定費と言います。家の価格のベースとなってきます。

柱などの構造材は家が大きくなれば増えますし、外壁や

フローリングも家が大きくなればなるほど必要になって

きます。

これらのように、家の大きさによって変わってくる物の

費用の事を変動費と言います。家の大きさによって影響

を受けます。

 

「固定費」と「変動費」2つを足すことで家の価格は出て

くるようになります。

固定費は、設備等の仕様を変えなければ、ずっと変わらず、

変動費のみが家の大きさ次第で変わって行く仕組みです。

坪単価〇〇万円という表記を家の価格算出の目安にするより、

固定費と変動費という考え方を理解しながら家の価格算出を

していただきたいと思います。

それだけ、固定費と変動費という考え方は、家の価格を見る

時にかなり重要となるのです。

コストパフォーマンスの高い家づくり実現のアドバイスを

させていただければと思います。宜しくお願い致します。

 

大阪での注文住宅のご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved