スタッフブログ

2019.08.17

自分で片付けたくなる子供部屋

こんばんは、義仲です。

子育て世代のご家族の家づくり計画の課題一つに「子供部屋」

のあり方が挙げられると思います。

部屋で過ごしているお子さん自らが進んで片付けてくれたら

素晴らしい事ですし、迷う事無く子供部屋を採用したくなる

事でしょう。お子さん自らが自然と片付けたくなる子供部屋

づくりのポイントをお伝え致します。

ドアをあけた瞬間の第一印象が「美しい」といえること。

子供にとってはそれが、そのまま部屋と自分に対する肯定感

=愛着に連動していく様です。

壁の余白がどれくらいあるかが重要なポイントとなります。

例えば、背の高い書棚などが奥行きにつながる壁の延長上

を遮ってしまうという様なケースは良くないです。可能で

あれば、手前(入口側)に近い方向へ場所を入れ替える等

の工夫が必要です。デスクなど奥行きのある家具にも同じ

事が言えます。片付けたくなる子供部屋とは、視線の行く

方向にゆとりのある空間です。

子供は純粋だからこそセンス(感性)も抜群です。子供達が

「愛着のある部屋だから、きれいにしていたい!」という

気持ちが育むまれる様にさりげなくサポートして行く事も

大切です。子供部屋の配置を検討される場合は参考にして

いただければ幸いです。

 

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved