スタッフブログ

2019.05.25

お支払の時期

こんにちは、義仲です。

住宅を購入する際の支払い回数は異なるという点をご存じでしょうか?

既に建築済の分譲マンションや建売住宅を購入する際の支払い回数は、

手付金と最終金支払いの2回程度となることが傾向として多いです。

それに対し、これから購入を予定し新築する住宅は、支払い回数が増える

事が予想出来ます。

業者によっては支払い回数が異なりますが、一般的な事例を紹介させて

いただきます。

 

1.契約金

契約書に記名押印し、正式に契約を結んだ時期のお支払いになります。

2.着工金

新築工事が始まる時期のお支払いになります。

業者によっては、手付金と着工金を契約締結時にまとめて請求するという

場合もあります。

3.中間金

屋根と骨組みができた頃(=上棟時期)のお支払いになります。

4.最終金

新居が完成した際、追加工事の費用なども含め、未払い分の工事費を全ての

お支払いになります。

 

あくまで一般的な事例ですので、ご相談されておられる業者さんへ必ずご確認

下さい。又、自己資金が少ない場合など、提示通りのお支払いが厳しいと予想

されるのであれば、お支払い金額の割合の調整検討をしてくれるケースもあり

ますので、必ず相談する事をお忘れなく。

お支払いの計画資料、将来ご契約された際の契約書に記載されているお支払い

時期と金額は必ず確認して下さい。

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved