スタッフブログ

2019.02.11

ローコストは魅力的?

こんにちは、義仲です。

『坪単価20万円代』『1000万円代で建てられる家』そんな

価格面だけ考えると魅力的な家が溢れています。正直、どうして

そこまで安いのか、不思議になる事もあります。

ローコストの住宅を検討されておられる方には、資材の効率的な

大量発注、工程の見直し、建築会社のコストを抑える工夫、等、

ローコストを実現可能にする仕組みを認識したうえで住宅の購入

を決断していただきたい。と、魅力的な宣伝や広告を見る度に

思います。

完成した直後の家はどんな資材を使用して建てても綺麗で良いもの

です。考えたいのは完成した後の10年、20年後です。完成した

頃と近い状態で家が建ち続けてくれるかが大切なのではないでしょ

うか。私は年数の経過に対応できる家に魅力を感じます。

ローコスト住宅建築に様々な工夫や努力を感じない訳ではないの

ですが、残念ながら私が見たり体感してきたローコスト住宅は、

結果的にローコスト住宅ではないという事でした。永く住み続け

るには維持管理の費用がかかり過ぎてしまう家ばかりでした。

3~5年住む家ならローコストでも良いと思います。ですが、実際

家というのは、10年以上は住む事になるでしょう。永く住める

家をお考えの方にはローコストは不向きだと正直思います。

ローコスト住宅が魅力的かどうかは、どんな家を建てたいかどうか

に左右されると考えます。

 

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設
                   

株式会社出雲建築設計

〒579-8034  大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F   TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved