スタッフブログ

2019.07.05

タイルの床

こんにちは、義仲です。

無垢のフローリングは肌触りが良く心地良いと感じていても濡れて

しまう事を考えると少なからず抵抗感を持たれる事でしょう。

そんな時、「タイルの床にしようかな?」という考えが生まれた事は

ないでしょうか?

キッチン、洗面所、トイレと生活の中で防水性、耐水性を求める空間

では濡れても良い床という印象が強いタイルの床が候補にあがりやすい

のは当然と言えば当然です。

防水、耐水面を考えるとタイルは優れているので採用の価値ありなんで

すが、意外と盲点となるのが汚れについてです。タイルとタイルの間には

目地が出来ます。目地に付いた汚れは取りにくいのでお手入れは楽では

無いでしょう。無垢の床よりお手入れしやすいという印象ですが、タイル

床だからといって劇的にお手入れしやすいかといえば、そうではありません。

空間のデザインとしてタイル床の採用するのと、機能性を求めてタイル床を

採用するのでは考え方が変わってくるので注意が必要です。

皆さんはタイルの床に何を求めますか?マイホームへ採用するとしたら?

採用の基準をゆっくりと考えてみましょう。

 

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved