TEL072-982-0753

9:00〜18:00 (水曜休)

大阪府東大阪市出雲井本町8-18 枚岡駅前ビル2F

サッシの色はどう決める? 内観色編

投稿日:2017年12月14日

おはようございます、義仲です。

先日お伝えさせていただきました、外観のサッシ色を決める時の

ポイントに引き続き、本日は内観のサッシ色を決めるポイントに

ついてお伝えさせていただきます。

 

基本的な考え方は、家のインテリアに自然に馴染む色を選ぶのが

基本となるでしょう。

内観には単色では無く、木目の入った種類のものもありインテリア

に合わせやすくシーンを問わないので人気があります。

 

内観のサッシの色を選ぶ時に注意しておきたい項目として、窓部分

にはサッシだけでなく窓枠や壁の存在があるという点です。

私達のお勧めする無垢材のフローリングや窓枠を使う場合、自然素材

の持つ性質である経年変化の影響を考慮しておかれるのが良いでしょう。

サッシは経年変化の影響を受けない白色を使うか、経年変化を見越して

少し濃いめの色を選んでおくと失敗が少なくなります。

 

やっぱり迷ってしまう方には、白色にされる事をお勧め致します。

住宅の場合、部屋の壁の色を特殊な色とする事は少なく、比較的

落ち着いた感じとされる事が多いと思います。落ち着いた感じに

合うのは白の内観色です。

 

家の雑誌やを見る時、サッシの色は何色を使っているのかを意識

しながら見てみると、目指すインテリアにするのにどんな色の

サッシを選べばいいか判断しやすくなりますよ。

 

 

大阪での注文住宅のご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

 

サッシの色はどう決める? 外観色編

投稿日:2017年12月12日

こんにちは、義仲です。

本日は、外観のサッシ色を決めるポイントについてお伝え

させていただきます。

サッシの色を決める場合、外壁のサッシの色を思い浮かべ

る方が多いのではないでしょうか?

お家の外観に影響するので、悩んでしまうという方も少なく

ないと思います。

 

外壁に近い色を選んでいくというのが基本的な色の選び方と

なります。外壁が白ければ、白のサッシを。といった感じです。

場合によっては、外壁と近い色が無い場合も出てきます。

その場合、合わせやすいのがシルバー系の色です。

濃い色にも薄い色にも合わせやすいサッシ色です。

シルバー系のサッシは主張が強くないので、合わせやすいんです。

別の考え方として、窓を強調したいときは、あえて外壁とは違う

色のサッシを使ってみると、窓が強調され、特徴的な外観の家に

することが出来ます。

 

外なので、汚れについても考えてしまいますよね。

白色、濃い茶色、黒のサッシは汚れが目立ちやすいです。

一方、シルバー系のサッシは汚れが目立ちにくいです。

建物の立地条件等に左右される事もあるのでしょうが、

シルバー系を選ぶと安心かもしれませんね。

 

シルバー系サッシは思っているより優秀だと思いませんでしたか?

迷った時はシルバー系をお勧め致します。よろしければご参考に

してみて下さい。

 

 

大阪での注文住宅のご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

 

 

お打合せありがとうございました。

投稿日:2017年12月11日

こんにちは、義仲です。

昨日は、南河内郡での建築をご計画されておられますI様に来社いただき、

建築スケジュールの話を中心にお打合せさせていただきました。

 

 

建築スケジュールというのは、当然ですが、定まっているものでは

ありません。建築用地を取得すれば、比較的早く建築計画に移れる

場合もあれば、建築用地とする為に先ず申請が必要であり、建築計画

に移るまでに時間を要する場合があります。

建築用地(土地)の状態によっても様々です。

 

I様のご計画は、年が明けて来年には少しずつ着実に進めて行けそうです。

引き続きしっかりと打合わせを重ね素敵なお家の完成を目指して行きたい

と思います。宜しくお願い致します。

 

 

IZUMO建築設計は土地探しからのお客様の家づくりのサポートをさせていただいております。

いつでも土地探しからのご相談に対応させていただきますので、ご遠慮なくご相談ください。

 

■ご予約お申込み方法

 

お電話にて

「土地探し相談の予約をしたいのですが・・・」

とご予約下さい。

 

IZUMO建築設計:072-982-0753

※スマホの方は、クリックでお電話予約可能です。

 

■ご予約メールフォーム

 

以下のフォームからもご予約して頂けます。

 

「ご質問・ご要望等」の欄に希望日、希望時間をご記入の上、送信下さい。

折り返しご連絡差し上げます。

 

現在ご検討されている内容 (必須)

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須) (※半角数字でご記入ください)
お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
ご希望日時 (必須)  
 時    分
郵便番号
ご住所
建築予定地について



新居へのご入居希望時期について



ご質問・ご要望等

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


 

【 『衣』『食』より後回しな『住』 】

投稿日:2017年12月11日

こんにちは、代表の武田です。

 

『衣』『食』『住』に対する行動についてです。

「危険なのは充分わかっているけど可愛い服だから」

という理由で、子どもにフードやヒモ付きの衣類を着せますか?

公園で遊ばせる時などは危険性が高まりますから、わが子が大切であればあるほど着せたくないですよね。

 

次に『食』です。

食品を買う時、食品添加物や生産地、消費期限や使用農薬の有無について、全く気にならないという人は、まずいないでしょう。

異物混入に関する報道や反応を見ると、食の安全性を重視する人が多いことがよくわかります。

 

ところで安全性の高い住まいというと、どんなことを思いつきますか?

地震に強く、断熱性に優れ、防犯対策もバッチリ・・・。

そんな住まいだと、確かに安全ですね。

しかし、健康で安全な暮らしに欠かせないものがまだあります。

 

それは『素材』です。

化学物質が含まれた材料で家づくりをするとシックハウスの原因になります。

アトピーやぜんそくなどを重症化させる場合もあります。

安全性を高めるには、まず室内の空気を汚染するような材料を使わないことを最優先とし、その素材と予算でどんな家を建てられるのか逆算する必要があります。

 

そうそう、健康に暮らせる新居づくりができたのに、買い足した家具やDIYの際に使った材料が原因で、シックハウスで悩む人がいるのをご存知ですか?

もしそれらをネット通販などで購入するのなら、安全性に問題がないかを、まず充分に調べてくださいね。

では、また。

 

「家づくりに関する無料相談会」というものをいつでも開催しておりますので、

お気軽にご利用下さい。

 

■ご予約お申込み方法

 

お電話にて

「無料相談会の予約をしたいのですが・・・」

とご予約下さい。

 

IZUMO建築設計:072-982-0753

※スマホの方は、クリックでお電話予約可能です。

 

■ご予約メールフォーム

 

以下フォームからもご予約して頂けます。

 

「ご質問・ご要望等」の欄に希望日、希望時間をご記入の上、送信下さい。

折り返しご連絡差し上げます。

現在ご検討されている内容 (必須)

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須) (※半角数字でご記入ください)
お電話番号 (必須) (※半角数字でご記入ください)
ご希望日時 (必須)  
 時    分
郵便番号
ご住所
建築予定地について



新居へのご入居希望時期について



ご質問・ご要望等

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


 

 

庭造り

投稿日:2017年12月10日

こんにちは、義仲です。

お家の庭について最近感じるのは、とりあえず最低限の形に仕上げて

おいて、お家本体の完成後に日曜大工と合わせてコツコツ造って行く

という考えを持つご家庭が増えてきたなという点です。

家づくりの計画をスタートさせた時点では、土地の事、家の事、で頭

がいっぱいで、なかなか庭造りの事まで考えるのは難しいと思いますし、

庭にかける予算も出来るだけ抑えたいとの考えも理解出来ます。

ゆっくり庭造りをされる計画も納得です。

 

 

庭造りに欠かせないのは、まず「土づくり」です。

深さは、家庭菜園ぐらいならそんなに必要ありませんが、植樹を考え

ているのでしたら最低でも50~60㎝必要です。

ご自身で手を加える方が愛着が沸くという方は、本を読んだり、園芸

店で相談、ホームセンターのスタッフと仲良くなる等して開拓して見

て下さい。

そんなの大変だし、不安。という方は、造園業者をご紹介させていた

だきます。お気軽にご相談下さい。お家と同じ様に、世界に一つの庭

造りについて考えるのも楽しいものです。

 

 

大阪での注文住宅のご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

20 / 22« 先頭...10...1819202122