スタッフブログ

2019.07.16

侵入対策を考える

こんにちは、義仲です。

蒸し暑い時期は夜の寝苦しく無いか気になります。エアコン

が苦手だという方は、窓を開けて寝たくもなります。

共働きの家庭では、子供だけで留守番する機会が増えます。

カギを閉め忘れて外出してしまうかもしれません。

夏って防犯について考えるのに丁度良い季節であったりもします。

住人が就寝している間に侵入する泥棒を「忍び込み」と言います。

活動が活発になるのは0~5時です。

住人の在宅中、誰もいない部屋に侵入するのが「居空き」。

活動が最も活発になるのは16~20時です。

侵入者は、短時間で侵入できる無施錠の窓が大好きです。ですので、

普段は1階で無施錠の窓を探して侵入します。しかし、2階の窓が

開いていれば、雨どいや配管、ガレージなどを利用しての侵入も行い

ます。

窓を開けたまま眠ったり、鍵をかけ忘れるという事は、侵入者に侵入

許可を与えているとも言えますので、細心の注意が必要です。

施錠に気を付けても発生するのが「ガラス破り」です。

この対策には、侵入者が嫌がる環境を作るのが効果的です。

〈音〉〈光〉〈目〉〈時間〉という4つの要素を現状のお宅であったり

これから建てる新居に取り入れる事をお勧め致します。

IZUMO建築設計では、皆様の防犯意識をおうかがいし、防犯対策を一緒

に考え、計画づくりを行っています。防犯についてお悩みの方は一度ご

相談下さい。

 

 

 

2019.07.14

時間短縮したい家事

こんにちは、義仲です。

最近ではご主人も家事・育児を分担して生活されているご家庭が増え、

家事・育児の負担が奥様に偏る傾向も少なくなって来たのではない

でしょうか?

家事に関する様々な調査によると、最もストレスを感じる家事は、

「掃除」の様です。家事の中で最も作業時間が長いとされる調理よりも

ストレスが高いという結果が出ているんですね。

ストレスを多く感じない様にする為には、いかに時間を短縮するか

ということを考えると思います。掃除の仕方の工夫は勿論ですが、

家づくりを考える際の工夫も存在します。

作り付け収納を増やして、家具と壁のすき間を減らす。汚れ方と

お手入れのしやすさを想定した床材を選ぶ。最近では、人だけで

無くお掃除ロボットも動きやすい間取りを検討したりと工夫は様々

です。

新築をきっかけに共働きする家庭は少なくありません。家事時間の

縮小を望んだり、もし夫婦の家事分担の不公平感が生じているよう

であれば、家づくり計画の過程で工夫を凝らしてみませんか?

家事のしやすい家は暮らしを豊かにしてくれるでしょう。

2019.07.12

土地の出やすい時期

こんにちは、義仲です。

家を建てたいと思った時、無くてはならない物。それは土地です。

土地がよく出る地域、あまり出ない地域と情報の差はあります。

そして、出てきやすい時期と出てきにくい時期というものがある

のも事実です。

土地探しで悩んでいる方は、土地情報の出やすい時期を活用して

みるのも良いと思います。

土地が出てきやすい時期というのは、大きく分けて年に2回です。

1つは春先にかけての年初の時期と、もうひとつは秋の始まりとなる

9月頃です。

では何故、年初と秋口に土地が出てきやすいのか?

それは、お正月とお盆が関わっていると言われています。土地という

ものは個人で持っているケースもありますが、相続などの影響で所有権

を持っている人が何人もいる土地も多くあります。土地の売却について

話し合う機会が必要で、家族が集まって話し合いが出来る、一人で決める

のが難しいことも話すことができる機会がお正月とお盆。という背景が

あるのでしょう。

土地探しはタイミングに左右されやすいので、土地が動きやすい時期に

合わせて、普段から土地情報を収集する癖も付けておいて下さい。

この度、土地探しサイトの公開を開始致しました。運命の土地と出会う

きっかけにお役立て下さい。http://www.higashiosaka-tochi.com/

 

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved