スタッフブログ

2019.09.21

別の方が良いかもしれません。

こんにちは、義仲です。

寝屋川市O様邸、完成のお披露目体感見学会、2週目を開催しております。

皆さんのご家庭では、洗面所が脱衣所を兼ねているのが当然となっています

でしょうか?不便に感じた事はありませんでしょうか?

洗面所が脱衣所を兼ねていると、浴室を使用している間、ほかの人は洗面所

を使用できません。洗面所、脱衣所が兼用だとご家族構成、生活スタイルに

よってはストレスを感じてしまう可能性があります。

そんなストレスを発生させないように、O様邸では間取りの工夫でストレス

対策を行っています。

室内の清々しい空間は勿論ですが、間取り・動線の工夫も体感しに是非、

お越し下さいませ。

体感見学会参加ご希望の方はこちら、

http://nagomi-home.com/tours/reformkengaku/#EventForm

 

玄関壁面のアクセントタイル貼りが仕上がり、オリジナル要素が

また一つ加わりました。

 

2019.09.17

開放感を味わう為に

こんばんは、義仲です。

家の間取りに求められる要素に「開放感」があります。

開放感を求める方は非常に多く、のびやかに暮らせる住まいを

求めておられる方々がいかに多いか分かります。

間取り空間に広がりを感じさせる為には、生活動線を回遊させる

というテクニックがあります。家じゅう何処へ行くにも後戻り

せずに移動できるといのが理想です。限られたスペースをより

広く感じる事が出来ます。

しかし、このテクニックには気を付けなければならない点があり

まして・・・収納力が低下しがちになるという事です。

エントランスの収納空間やウォークインクローゼットなどの収納

の空間も回遊動線に取り込むと通り抜けが出来る反面、収納として

活用出来る範囲が削られてしまいます。

家の「開放感」もよく求められますが、家の「収納力」もよく求められる

要素の一つです。開放感を求める際は、収納力をどれくらい重視する

のか合せて考えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関から正面、ウォークスルークローゼットを通りリビングへ。

出勤時の外出、帰宅の際にON、OFFの切替えも出来るメリットの多い回遊動線お勧めです。

2019.09.15

老後についても考える

こんばんは、義仲です。

「退職金で住宅ローンを返済し、老後の生活費は年金に頼る。

ローンさえ無ければ何とかなる」

このような老後の計画を立てているなら、今のうちに見直した方が

良いでしょう。

体調次第では、介護のためにリフォームを必要とするかもしれません。

低コストの家づくりを実行した結果、メンテナンス費用が発生し続け

ているかもしれません。

そう考えると、退職金は老後のために残しておくのが賢明なのかも

しれませんね。資金計画をしているつもりでいても、老後については

不十分かも・・・と少しでも思ったら、改めて資金計画を立てる時間

を作る事をお勧め致します。

定年後、年金受給開始までの収入は?年金受給額は、夫婦それぞれ

どれくらい?など、、、

収入が減ると、それまでに貯めたお金を切り崩していく生活がやって

来ます。将来の不安を和らげるために早い時期に考える事が大切に

なってきます。老後貧乏予備軍にならない為に気に掛けておきましょう。

もっと表示

大阪の自然素材にこだわった健康住宅 出雲総合建設

株式会社出雲建築設計
〒579-8034  
大阪府東大阪市出雲井本町8-18枚岡駅前ビル 2F
TEL072-982-0753

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved