TEL072-982-0753

9:00〜18:00 (水曜休)

大阪府東大阪市出雲井本町8-18 枚岡駅前ビル2F

I様邸 地鎮祭

投稿日:2018年04月07日

こんばんは、義仲です。

本日は南河内郡で新築工事着工を控えますI様邸の地鎮祭

が執り行われました。

 

 

新しくご家族も増え、新たな生活をスタートされたI様の新しいお家

の建築に携わらせていただける事に感謝致します。

スタッフ一同、協力業者と力を合わせて、ご家族が永く健康で暮らし

を楽しんでいただけるお家の完成に向けて頑張らせていただきます。

どうぞ、宜しくお願い致します。

先ずは基礎工事から着手となります。お時間が出来ましたら、

マイホーム建築の過程を是非、見にいらして下さい。

I様、ご家族様、本日は誠におめでとうございました。

 

 

 

注文住宅、空間構成のご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

 

 

質の良い睡眠

投稿日:2018年04月06日

こんにちは、義仲です。

皆さんは質の良い睡眠を意識されておられますでしょうか?

身体の抵抗力を高め、病気等の症状を防ぎ、悪化させない為には、

質の良い睡眠が欠かせません。

温湿度、光などに配慮した快適な寝室での身体ケアが出来れば

理想的です。

化粧品シャンプーなど、身近なものの素材や添加物には、こだわり

が強いのに住空間や家具の素材や添加物には関心が薄いという傾向

も見受けられます。それは、予算の関係上諦めてるからでしょうか?

そうではなく、ただ単にそのリスクを知らないだけでしたら危険です。

住空間や家具の素材や添加物に関心が薄いと身体に悪影響を及ぼす

可能性が高くなるのです。安らげる空間とはかけ離れて行きます。

 

寝室自体が心体のケアをしてくれる。そういう空間では、まず空気が

綺麗です。部屋を構成する素材や家具も身体に優しいです。心から

休まるので、質の良い睡眠が実現出来ます。

IZUMO建築設計では安心に過ごしていただける空間づくりの実現の

為に部屋を構成する素材にもこだわっております。質の良い睡眠に

こだわりたいという方はご相談下さい。

快眠グッズも良いですが、やはり空間が心地良いという事が、身体が

喜んでいるという実感が沸きます。

 

 

 

 

 

注文住宅、空間構成のご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

木造軸組構造

投稿日:2018年04月03日

こんにちは、義仲です。

最近は家の構造についてのお問合せが多い様に感じております。

ということで、今日は構造のお話を。

 

『日本といえば木造』というイメージを少なからずはお持ちに

なられた事があるのではないでしょうか?

私自身、木の持つ良さを学び、やっぱり木造は良いなと感じて

いる一人です。

IZUMO建築設計で採用している構造は、「木造軸組構造」といいます。

木造軸組構造は、戦後の日本建築において最も進化している構造で

あり、工法であると思います。

進化の一番の大きなきっかけは、やはり阪神大震災ではないでしょうか。

震災の被害で木造軸組構造・工法の家の弱さが露呈された結果となって

しまいました。

家の壁全体で家を支える工法である2×4(ツーバイフォー)工法

に注目が集まり出し、軸組工法は受注を落としました。

柱、梁で支える軸組工法の考えに、2×4の壁で支える考えを取り入れ、

見直し、信用を回復させました。「耐力壁」の考え方が定着したのもこの事

がきっかけとなります。

さらに構造部材の接合方法に金物接合を取り入れ、現在まで大きく進化

してきました。これから未来に驚く様な進化があるかもしれませんが、

木造である以上、木の持つ良さを消してしまうような進化はして欲しく

ないと願います。

 

 

 

家の構造に関してのご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

 

 

家の花粉対策

投稿日:2018年04月02日

おはようございます。義仲です。

4月に入りました、今月も宜しくお願い致します。

家の近所や出掛ける先々で見かける桜を眺めるていると

心が和みます。

しかし、花粉で悩む方々も多い時期ですよね、、、

自宅での花粉対策も必要となる季節です。

家の中でも過ごす時間が長いであろうリビングには花粉は

持ち込みたくはない所です。

その為には、帰宅してとりあえずリビングへ。という動線を控えて

みると良いと思います。上着や装飾品をリビングへ持ち込まない

工夫が出来るのが理想です。参考例はこんな感じです。

 

 

新築であれば、玄関に隣接の収納空間を設け、リビングまでの動線に

ワンクッション設けるのが機能的でお勧めです。

新築の計画の様に自由がきかない状況の場合は、リビングへの動線の

途中に上着をかけれたり、装飾品を収めれる工夫を作ってみましょう。

壁付けのフック様なものでも良いと思います。

生活しやすい住環境は、間取りの取り方だけでなく使い方次第で更に

向上します。ライフスタイルに合った形を見つけ出してみましょう。

 

 

会社近所の桜、少し花びらが減ってしまいました。天気が崩れると

一気に減ってしまいそうです。お花見のご計画はお早めに。

 

 

 

注文住宅の間取りに関してのご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから

 

 

 

 

 

攻める間取り

投稿日:2018年03月31日

こんにちは、義仲です。

国の基準で木造2階までであれば、構造計算は必須ではない

という事をご存じでしょうか?

 

まず建築の基準として、

〇壁量の確保

〇壁配置のバランス

〇柱の柱頭、柱脚の接合方法

の基準を満たすように考えます。

 

加えて、

・基礎

・屋根葺き材等の緊結

・土台と基礎の緊結

・柱の小径等

・横架材の欠込み

・筋交いの仕様

・火打材等の設置

・部材の品質と耐久性の確認

の8つに対しての基準もありますので、当然これらも考慮します。

 

上記の内容についてきちんと計画し建てる木造2階建てまでであれば

構造計算をしなくても認められます。

耐震等級が謳ってある、大手の建築会社である=構造計算している

というケースばかりでは無いことを知っておいて下さい。

 

私達のご提案は自由設計です。自由設計は攻める間取りとなるケース

が多いです。

・開放感を出す為に連続した開口を設けたい

・広いLDKが欲しい

・凹凸感を出したい

・2階をせり出したい

このようなご要望がありますと、いかに構造面を考慮して実現させるか

という考えになります。それが攻める間取りの考えです。

攻める間取りの考えとなっても安心していただける用にIZUMO建築設計

では、新築物件は全棟構造計算の対象とさせていただいております。

有名建築家のデザインに憧れておられる方、人とは違う特徴的な家を

求める方、木造でも開放的な家づくりを希望される方、様々なお考え

を実現させて行くのが自由設計の魅力です。お気軽にご相談いただけ

ればと思います。

 

 

 

注文住宅の間取りに関してのご相談は、

IZUMO建築設計:072-982-0753

スーモページはこちらから