TEL072-982-0753

9:00〜18:00 (水曜休)

大阪府東大阪市出雲井本町8-18 枚岡駅前ビル2F

家づくりの原点 家づくりの原点
家づくりの原点

株式会社 出雲総合建設  代表取締役 武田和彦

1 なぜ住宅会社を始めようと思ったか?

私は幼い頃から大工さんに憧れ、その夢を叶え長年大工をしていました。大工という仕事は家づくりの現場においてなくてはならない仕事であり、そのため家を建てられるお客様からも非常に感謝されます。長年やるうちに家づくりの現場での経験も積み、やりがいを持って日々大工の仕事に取り組んでいましたが、心のどこかで「お客様の家づくりにもっと深く関わりたい」と思うようになりました。

お客様は「冬暖かく、夏涼しい快適な家に住みたい」「地震に強い家に住みたい」「2世帯住宅に住みたい」といった多くのご要望をお持ちです。大工としての現場での仕事を通じて、そのような要望を耳にするにつれ、それに応えなければという使命感に近いものを感じるようになりました。そこで、お客様に対して顔の見える家づくりを行うために、自由設計でお客様のご要望にお応えすることをモットーに住宅会社を始めました。

2 なぜ自然素材(健康住宅)なのか?

住宅会社を始めてから、最初のうちはお客様のご要望にお応えしながらも「快適に暮らせる普通の家」をつくっていました。そんな中ある時、アレルギーに悩むお子さんをお持ちの若いご夫婦が家づくりの相談にいらっしゃいました。家族の多くの時間は家の中で過ごされます。そのため、そのご夫婦は健康に過ごすことができるかという、家の環境を気にされていました。

正直そのご要望を伺うまで、シックハウス症候群というものは当然認識していましたが、健康に暮らすという視点をそれほど重視してこなかったことにハッとさせられ、反省しました。湿気の多い日本の気候の中で、従来の家は通気性が悪く、結露やカビにより健康が害されることも多かったです。 そこでまた私の使命感が沸き、従来の家づくりをなんとかしなければと思い、自然素材を使用した安心・安全の家づくりを行うようにしました。

3 なぜそこまでこだわるのか?

自然素材で家をつくることの良さは健康に良いということだけではありません。ヒノキやスギ、マツなどの木材は生きていて、そこで暮らす家族と一緒に呼吸し、共に成長しています。住むほどに味が出て、温かみも増していきます。

そこで暮らす家族が健康に暮らすことはもちろん、いつも家に帰るのが楽しみになるようなそんな温かい家が求められています。何世代に渡ってもその家に愛着を持って暮らし続けることができる。その良さを自然素材は実現してくれ、IZUMO建築設計はその自然素材を使い、お客様の一生の暮らしをサポートしていきます。